出口治明氏(右)と森亮介取締役(左)。「森君は、課題について解決策を見つけ、それを執行する能力が非常に高い」(出口氏)「ライフネットらしく業界を動かすような大きな仕事をしたい」(森氏)

写真拡大

インターネット販売で業界に革新を起こしたライフネット生命は、2008年に産声をあげた。その創業者である出口治明氏が、今年6月の株主総会で会長を退任した。ライフネット生命は、出口氏が親子ほど年の離れた岩瀬大輔氏と2人で、戦後初めてゼロから立ち上げた生命保険会社だ。還暦を前に起業を決意し、二人三脚で同社を成長させてきた。が、出口氏は立ち上げから10年、古希を迎え、「先発完投をやめて、マウンドは若い世代に任せよう」と決意したと言う。そんな出口氏が、新たに取締役に指名したのが30代の若手2人。その心やいかに。指名されたうちの一人がゴールドマン・サックス証券出身の33歳、森亮介氏である。出口氏、森氏にそれぞれ話を聞いた。

■難しいディールを成功に導く「突破力」

――今回、まず33歳の森さんを取締役に選ばれた理由からお聞かせください。出口さんは本紙連載「悩み事の出口」で、求められる人材については「ゼネラリストではなくスペシャリスト」とおっしゃっていましたね。

【出口】「取締役」というのは、会社のリーダー、経営者ですよね。経営者に大事なのは、年齢に関係なく、きちんと仕事ができること。ベンチャー企業は山あり谷ありで、何が起こるか分かりません。当然、社員は不安です。だから「これだけ仕事ができるから、きっとこの人についていったらいい結果を出してくれる」と、みなから思われる人でなければなりません。

森君は、課題について解決策を見つけ、それを執行する能力が非常に高い。たとえばわが社は2015年にKDDIと資本・業務提携契約を締結しました。KDDIといえば、売り上げが何兆円もある巨大企業。こちらは100億円ですから、仰ぎ見るような相手です。そのような企業と折衝して、実際に交渉を上手にまとめる。交渉を進める上ではもちろん困難もありますが、なんとか解決策に落とし込む。その“突破力”は、見事なものです。

ベンチャー企業は単独では大きなことはできませんから、これからもいろんなところと協力していく必要があります。そういう意味では、きちっとディールをまとめる能力は、わが社にとってなくてはならないもの。それができる人の年齢を見たら、たまたま33歳だったということです。もちろん株主総会に提案し、株主の皆さんも納得して選んでくれた上で決まりました。

■信じて任せた以上は目をつぶり、何も言わない

――社員の方の平均年齢は、どれくらいですか?

【出口】30代後半です。当社は年功序列ではなく、定年もありません。年齢が高くて貫録があっても、何も意思決定できなかったり、部下を公平に見れなかったりする上司より、年齢が若くてもきちんと決めるべきことを決めてくれる上司のほうが、みんなが働きやすいでしょう。ただ僕は、上司も部下も組織を運営するための「機能」に過ぎないと思っているんです。チームで仕事を回すために、上司はたまたま上司の機能を割り当てられただけ。会社の役職は、別に人間として偉いわけでもなんでもないんです。森君は取締役としての「機能を果たせる人」だと思ったので、任せようと思いました。

――ご自身で創業した会社を後任の方に気持ちよく「任せる」ために必要なことは何でしょうか。また、出口さんの今後について教えてください。

【出口】僕の本、『任せ方の教科書』(角川書店)にも書いたのですが、信じて任せた以上は目をつぶり、何も言わないことに尽きると思います。僕はもう取締役を辞めたので、会社の経営にはタッチしませんし、聞かれない限り何も言わないと決めています。子育てと同じですよね。ただ、会社のPRや若手の育成はやったほうがいいと思いますので、これからも会社のPRのために、声がかかる間はどこへでも行って話しをするつもりです。それがライフネット生命の宣伝になると思って講演会のスケジュールを入れています。今日も確認したらかなり先までたくさん入っていました(笑)。マウンドは若い世代に任せて、コーチやバッティングピッチャーのように後陣に回り、チームを支えていきたい。

社内では、若手社員を中心に「出口塾」を続けていきます。選んだ本を読んでもらって、1時間半とか2時間、みんなでディスカッションする。去年から始めているのですが、やはり保険業界で50年近く生きてきた僕しか知らないこともありますので、僕自身が先輩に教えてもらったことを若い社員に伝えていき、保険についての知見をバトンタッチしていきたい。「次の世代にバトンを渡す」ということは、そういうことなのかな、と。

――森さんと初めて会った時の印象を覚えていらっしゃいますか?

【出口】よく覚えていますよ。えらいしっかりした奴が来てくれて、頼もしいなと思いました。初めから高い能力を活かして、フル回転してもらったと、感謝しています。

■どうせやるなら大きな仕事をしたい

――森さんにお伺いします。出口さんは、森さんを取締役に抜擢した決め手は「突破力」だとおっしゃっています。ご自分を分析していかがですか。

【森】「突破力」というと、ものすごく困難な状況を打開していくイメージですけど、どちらかというと私の強みは、やはりディールをまとめてくるところ。あとは社内で、そうした大切な意思決定の決裁を取るための判断材料を整えるところは、一応自分の得意とするところかなと思っています。たまたまそれを整えることが、結果として会社が直面していた課題、突破しなければならないアサインメントだったのではないかと。

ライフネットらしく業界を動かすような大きな仕事をしたい。同じ自分の時間を使うなら、インパクトのあることをやりたいという考えがありました。そういう意味では、大きく物事を考え、外部との交渉をすることは自分の職務ととらえ、これからもやっていかなければと思っています。

――ゴールドマン・サックス証券を辞めて、ライフネット生命に入ろうと思った経緯・理由を教えてください。

【森】ライフネット生命に入ったのは5年前、28歳の時です。畑違いのように思われますが、証券会社にいた時は、保険会社向けにM&Aや資金調達の財務のアドバイスをする部門にいました。つまり、保険会社がお客さまだったわけです。東京オフィスで4年間、ニューヨークで1年間働いたのですが、常に保険会社の経営陣や経営企画部の方がカウンターパートにいたので、保険業界の構造や各保険会社の事業モデルなどを理解する機会に恵まれていました。

また、東京オフィスにいた時には隣のプロジェクトチームが、ライフネット生命の上場案件を手掛けていました。それで、ニューヨークに転勤後、ライフネット生命について、私がゴールドマンの現地の同僚に説明をするという機会があって、その時に初めてこの会社について調べたんです。その際、会社のミッションやビジョンがとてもいいなと感じました。

一方で新しいことを進めていくうえでいろいろと大変な局面もあるだろうな、と。この業界の歴史や困難については自分なりに分かっているつもりでしたから。しかし、先ほど申しましたように、ミッションとかビジョンは素晴らしい。それを実現するために、じゃあ自分が何か役に立てないかと思い、ライフネット生命の中途採用に応募しようと決めました。

■相変わらず無茶なことをやらせるなと思った

――取締役に、と声をかけられた時の気持ちと、今後の意気込みをお聞かせください。

【森】相変わらず、無茶なことをさせるなと(笑)。年齢的に若い役員ということで、外からの見え方でネガティブな面が本当にないのか、という心配はありました。でも小さな会社なので、自分で決められる部分が多いのは大きな魅力です。自分に自信がある分野で会社に貢献していきたいという思いを強く感じました。また、この会社には、私のように「子育て世代を応援する」という経営理念に共感して入ってくる社員が多いこともあり、「ファミリーディ」という家族同席のイベントを毎年開催しています。家族同士で会う機会も多く、社員一人ひとりに「仕事の顔」と「家庭の顔」のギャップがない会社だな、というのは新鮮な驚きでした。

――最後に出口さんについて、見習いたい点とそうでない点を。

【森】すごいなと思う点は軸がブレないところです。この会社も10年間、ずっと順風満帆だったわけではなく、山あり谷ありだったわけで、「考え方を変えた方がいいのでは」という意見も社内外から出てきます。小さくまとまる誘惑に駆られることもあったと思いますが、それでもブレずにやり続けるのはすごいことで、見習いたいと強く思う点です。

一方、彼は「悔いなし、遺産なし」を座右の銘としていて、「悔いなし」は私もそうしたいと思うのですが、「遺産なし」というのは……。基本的に使い切るんですね、「人・本・旅」に。その点は私にはなかなか見習えないかもしれません(笑)。

----------

出口治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険創業者。1948年、三重県生まれ。京都大学卒業。日本生命ロンドン現地法人社長、国際業務部長、ライフネット生命社長・会長などを歴任。
森亮介(もり・りょうすけ)
ライフネット生命保険取締役。営業本部長。1984年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒業。ゴールドマン・サックス証券を経て2012年入社。2017年営業本部長。2017年6月より現職。

----------

(ライフネット生命保険取締役 森 亮介、ライフネット生命保険創業者 出口 治明 構成=八村晃代 撮影=慎 芝賢)