バロンドール候補30名発表! レアルからC・ロナウドら最多7人 メッシ、ネイマールらも選出

写真拡大

主催の仏誌が発表 CL連覇の王者が最大勢力、18歳の新鋭ムバッペら旬な選手が名を連ねる

 フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」主催の年間最優秀選手賞「バロンドール」の候補者30名が発表された。

 UEFAチャンピオンズリーグ連覇を果たしたレアル・マドリードから、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら最多7人が選出されている。

 この賞は各国の記者投票により決定する。バルセロナのFWリオネル・メッシが過去5回受賞(2010〜2015年のFIFAバロンドール含む)しており、これが歴代最多となっている。

 2017年度は欧州王者レアルから最多7人が選ばれた。昨年度の受賞で、メッシに次ぐ4度受賞のロナウドをはじめ、DFマルセロ、DFセルヒオ・ラモス、MFイスコ、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、FWカリム・ベンゼマがノミネートされている。

 その他にも今夏バルセロナから史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマン(PSG)へ渡ったFWネイマールや、同じくPSGに移籍した18歳のFWキリアン・ムバッペなど旬な選手が名を連ねている。最年長は39歳のユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンだった。

 バロンドール候補30人は以下の通り。

ネイマール(PSG)

ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)

パウロ・ディバラ(ユベントス)

マルセロ(レアル・マドリード)

エンゴロ・カンテ(チェルシー)

ルイス・スアレス(バルセロナ)

セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)

ヤン・オブラク(アトレチコ・マドリード)

フィリペ・コウチーニョ(リバプール)

ドリース・メルテンス(ナポリ)

ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)

ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)

ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)

ハリー・ケイン(トットナム)

エディン・ジェコ(ローマ)

アントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)

トニ・クロース(レアル・マドリード)

ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)

サディオ・マネ(リバプール)

ラダメル・ファルカオ(モナコ)

リオネル・メッシ(バルセロナ)

ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

エディンソン・カバーニ(PSG)

マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)

カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

エデン・アザール(チェルシー)

レオナルド・ボヌッチ(ミラン)

イスコ(レアル・マドリード)

キリアン・ムバッペ(PSG)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images