JR東日本の田嶋大樹、早実の清宮幸太郎【写真:Getty Images】

写真拡大

すでに高校生&大学生は計183人が提出…社会人を含め「ドラ1」に選ばれるのは?

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟が公式サイトで公示しているプロ野球志望届は、すでに計184人が提出し、12日の締切まであと3日に迫った。26日に迫るドラフト会議の注目選手が大方提出しているが、果たして、注目のドラフト1位選手は誰になるのか。

 目玉候補と目されているのが、早実の清宮幸太郎内野手とJR東日本の田嶋大樹投手だ。清宮は言わずとしれた高校通算111発の怪物スラッガー。田嶋は最速152キロを誇るアマチュアNO1左腕だ。社会人に提出の義務はないため、プロ志望届のリストにないが、即戦力投手として注目を集めている。

 そのほか、高校生に有力選手が多い。履正社の通算65発の安田尚憲内野手、夏の甲子園で大会新の1試合6本塁打を放った広陵の中村奨成捕手も1位有力だ。

 高校生に比べ、やや小粒といわれる大学生では立命大の152キロ左腕・東克樹投手、仙台大の155キロ右腕・馬場皐輔投手、中大の152キロ右腕・鍬原拓也投手らの声に挙がり、入札後の外れ1位の指名候補か。

大学生野手で唯一、1位候補に挙がる逸材は? 社会人には即戦力候補の投手も…

 大学生の野手では唯一、1位候補に挙がりそうな逸材がいる。慶大の岩見雅紀外野手だ。エルドレッド、バレンティンというNPBのスラッカーになぞらえられる右の大砲は目下、東京六大学リーグ史上初の5試合連発中。通算20発を放っており、長打力不足の球団から手が伸びそうな選手だ。

 一方、社会人では田嶋以外にも即戦力候補はいる。スカウト陣で評価が高いのは、日立製作所の鈴木康平投手、ホンダ鈴鹿の永野将司投手、鈴木博志投手といった面々。即戦力の一本釣りを狙う可能性もゼロではない。

 ここまでで11人。以下はあるパ・リーグ球団スカウトが「今年は12人の1位候補が揃えるのに厳しい」と指摘する通り、読みづらい。競合入札後の候補になるが、高校NO1右腕と推す声も強い青藍泰斗・石川翔投手、東大史上6人目という話題性がある150キロ左腕・宮台康平投手の指名もゼロではない。

 栄えあるドラフト1位の指名を受けられるのは、わずか12人。ここから各球団は直前まで慎重に指名を検討することになるだろう。果たして、誰が真っ先に名前を呼ばれるのか。今からドラフト会議が待ち遠しい。