部屋の真ん中に置きたいからこそ加湿器はオシャレがいい!

写真拡大 (全5枚)

これから寒い季節になると気になるのが乾燥。お肌はもちろん、健康のためにも適度な湿度は必要なんですよね。そこで欠かせないのが加湿器。意外と部屋の中で存在感が出てしまうので選び方に迷っている人も多いのでは。

「インテリアと調和する家電」がコンセプトの家電ブランドd-designの加湿器なら、洋室、和室を問わずどんな生活空間にも自然に溶け込むデザインが見つかりますよ。

一見すると加湿器に見えないオブジェのようなデザインで、どんなインテリアにも自然とマッチするのがd-designの特長。

ハイブリッド式加湿器「DKHS-351/SHKD-351」は、つややかなボディとのびやかなラインが空間を演出。高さ89cmから加湿することで効率よくお部屋を加湿します。

一方の「DKHS-352/DKHS-3521/SHKD-352/SHKD-3521」は、スリム&トールで端正な佇まいのソリッドデザイン。リモコン付きで離れた位置からも操作が可能です。高さ91.5cmから加湿することで効率よく加湿します。

▲「DKHS-352/DKHS-3521/SHKD-352/SHKD-3521」

どちらもアロマケース付きでお好みの香りが楽しめるのも嬉しいですね。

背の高いデザインにこだわったのは、フローリングでの生活が主流となった昨今の住宅事情から、出来るだけ高いところから加湿することで床濡れを防ぎ、効率よく加湿するためなのだとか。オブジェのようなデザインの加湿器は、うるおいとインテリアの両方から活用できること間違いなしです。

「DKHS-351/SHKD-351」
本体+水タンク容量: 約3.0.L W20×D20×H89cmカラー:ホワイト/ブラウン 15880円(税抜)

「DKHS-352/DKHS-3521/SHKD-352/SHKD-3521」
本体+水タンク容量: 約2.6L カラー:パールホワイト/ナチュラルウッド/ダークウッド 16880円/木目17880円(いずれも税別)

>> d-design

 

(文/&GP編集部)