メッシとロナウドがいなければ、F・トーレス(左上)、シャビ(右上)、リベリ(左下)、グリエーズマン(右下)がバロドールを受賞していた可能性もあった!? (C)Getty Images

写真拡大

 世界のナンバーワン・フットボーラーを決めるバロンドールの季節が、今年も近づいてきた。同賞を主宰する『フランス・フットボール』誌は、候補者30人のうちの5人(ネイマール、モドリッチ、マルセロ、ディバラ、カンテ)をまずは発表。今後、順を追って明らかになっていく。
 
 2008年以降のバロンドールは、メッシとC・ロナウドが独占。前者が5回、後者が4回それぞれ受賞している。2人の牙城を崩せず涙を呑んだ選手は少なくないが、もし両者が存在しなかったら、過去9回の顔ぶれはどのようになっていたか――。そんな「たら・れば」企画を行なったのが、英紙『ミラー』だ。
 
 当時の順位からメッシとC・ロナウドを抜くと、はたしてだれが受賞していたか。顔ぶれは以下のとおりだ。
 
2008年 フェルナンド・トーレス(リバプール)
※実際はC・ロナウド1位、メッシ2位
 
2009年 シャビ(バルセロナ)
※実際はメッシ1位、C・ロナウド2位
 
2010年 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
※実際はメッシ1位、C・ロナウド6位
 
2011年 シャビ(バルセロナ)
※実際はメッシ1位、C・ロナウド2位
 
2012年 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
※実際はメッシ1位、C・ロナウド2位
 
2013年 フランク・リベリ(バイエルン)
※実際はC・ロナウド1位、メッシ2位
 
2014年 マヌエル・ノイアー(バイエルン)
※実際はC・ロナウド1位、メッシ2位
 
2015年 ネイマール(バルセロナ)
※実際はメッシ1位、C・ロナウド2位
 
2016年 アントワーヌ・グリエーズマン(アトレティコ・マドリー)
※実際はC・ロナウド1位、メッシ2位