iCloudのインフラ運営の責任者で、Appleのインターネットサービス事業のディレクターを務めていたエリック・ビリングズリー氏が離職したことが明らかになりました。

Appleの今後のクラウドサービス運営方針が原因?

Appleを退社したエリック・ビリングズリー氏は、eBayの技術フェローやGoogleのエンジニアリング部門責任者を歴任し、2013年Appleに入社しました。
 
ビリングズリー氏がインフラ運営を任されていたAppleのクラウドサービスであるiCloudは、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといった他社のサービスにこれまで大きく依存してきました。
 
今年2月に起きたAWSの通信障害により、Apple Music、iCloud関連サービス、iTunesなどが大きく影響を受けたことで、Apple内で自社運営のデータセンターによるサービスの提供の気運がさらに高まったと見られています。
 
Appleは、Project McQueenと呼ばれる、iCloudなどのクラウドサービスの運営をAWSなどの他社サービスへの依存を減らし、なるべく自社データセンターでまかなう計画を進めています。
 
 
Source:CNBC
(lexi)