ハイチ戦の予想スタメン。吉田、山口、大迫とセンターラインで軸となる選手は、ニュージーランド戦に続き、先発なるか。

写真拡大 (全3枚)

 10月10日、日本代表はキリンチャレンジカップ2017の第2戦として、ハイチ代表と日産スタジアムで対戦する。
 
 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は前日会見で、今回の対戦相手について「あまり情報がない。チームとして、ここ7か月プレーしていません」とコメントし、「かなりフィジカルがあるし、スピードもある。FIFAランキング48位で、クオリティの高さを証明している」と警戒を強めた。
 
 それでも、勝負にこだわる姿勢は崩さない。「私は勝利を望んでいる。勝つことで11月の合宿(ブラジル、ベルギーと対戦)への良い準備になると思っている。絶対的な勝利が必要だ」と言葉に力を込めた。
 
 気になる先発11人だが、指揮官は4日前のニュージーランド戦の前日会見で、「(2試合の)スタメンは同じものにはなりません」と明言。ハイチ戦の前日にも、改めて「あまり出ていない選手にチャンスを与えたい。我々は本大会に向けて準備している最中ですから、たくさんの選手を見たいと思っている」と強調し、ニュージーランド戦からの大幅なメンバーチェンジを示唆した。
 
 GKは川島永嗣ではなく、東口順昭。ハリルホジッチ監督は今回の10月シリーズのメンバー発表会見でも、「例えば、東口をゴールマウスに立たせることがあるかもしれません」と、その起用の可能性について言及している。正GKの川島に、もしものことがあった際には、「東口がプレーすることがある。それには経験が必要だ」と話しており、二番手の東口に実戦を積ませるには、今回は絶好の機会だろう。
 
 最終ラインは、右から酒井高徳、吉田麻也、昌子源、長友佑都が4バックを形成か。右サイドバックの酒井高は、直近3試合はベンチを温めており、その前のアウェー・イラク戦で途中出場しているが、先発は今年3月のホーム・タイ戦まで遡らなければならない。まさにハリルホジッチ監督が言う“あまり出ていない選手”であり、チャンスを与えられそうだ。
 
 センターバックは、ニュージーランド戦に引き続き、吉田をスタメンに予想。テスト色の濃い起用が打ち出されているとはいえ、ディフェンスリーダーを外すのは少々、リスクが高すぎる。今シリーズはキャプテンの長谷部誠が不在なだけに、精神的支柱としても必要な存在だ。

【PHOTO】日本×NZの美女サポーターたち♥

 センターバックで吉田とコンビを組むのは、昌子か。昌子自身は代表での存在感を増しつつあるが、それでもまだまだアピールが必要な選手であり、吉田とのコンビネーションもさらに深めていく必要がある。ニュージーランド戦はベンチに甘んじただけに、本人も出場に意欲を燃やしているに違いない。
 
 左サイドバックは、初招集の車屋紳太郎がいきなり抜擢されるとは考えにくい。デビューするとしても途中出場からが妥当であり、そう考えると、必然的に長友がスタートからピッチに立つことになるはずだ。
 
「3つの異なるオーガナイズがあります。すでにニュージーランド戦でも使いましたが、明日も同じような感じになるかと思います」というハリルホジッチ監督の言葉を信じるなら、中盤3枚の構成は、“2ボランチ+トップ下”だろう。選手交代を機に「2枚のインサイドハーフ+アンカー」へ移行しそうだ。
 
 2ボランチは、守備的MFの枠で今回招集された山口蛍、井手口陽介、遠藤航の3人からのチョイスとなる。山口と井手口がニュージーランド戦で先発したのに対し、遠藤は終了間際に投入され、ほとんどプレーできていない。それだけに、ハイチ戦は遠藤がスタメンと見る。「守備的MFのところでパワーをつけてもらいたい」という理由で呼ばれた遠藤がどこまで期待に応えられるかを、指揮官も確認したいはずだ。
 
 もう一枠は、センターバックの吉田と同じように、セクション内で軸となる選手はやはり必要であり、この3人の序列では一番上にいる山口が中盤の引き締め役になりそうだ。
 
 そしてトップ下に収まるのは、小林祐希。倉田秋という選択もあるが、小林はニュージ―ランド戦で、相手に流れが傾きつつあるなかで投入されると、精力的に動き回り、的確なパスワークでゲームを動かしてみせた。その働きぶりはハリルホジッチ監督の眼にもポジティブに映ったはずだ。
 
 現状、トップ下の一番手は香川で、有力候補のひとりである清武弘嗣はいまだトップフォームではなく、今回も選外となっている。攻撃的MFとして招集されている小林にとっては、ある意味、大きなチャンスでもある。
 
 昨年11月、小林はトップ下のポジション争いについて、こんなことを言っていた。
 
「あのふたり(香川、清武)からポジションを奪うのは、相当難しいことだって分かっていますけど、笑いが出ちゃうぐらい、楽しみなミッション」
 
 あれから約1年、オランダで揉まれて確実にスケールアップしたレフティが、その力を存分に発揮できるか注目したい。
 3トップは、センターフォワードは大迫勇也、右は浅野拓磨、左は乾貴士と予想した。
 
 大迫は、吉田や山口と同様、“核”となる存在なだけに、エースがいつも通りスタメンに名を連ねて、攻撃をリードする。金曜日に所属クラブでゲームがある選手は、疲労が考慮されての起用になるとのことで、ニュージーランド戦でも先発している大迫が、最初の45分間だけプレーして、後半から杉本健勇を投入という流れか。
 
 リオ五輪組で激しくぶつかり合う右ウイングは、ニュージーランド戦でスタメンだった久保裕也ではなく、浅野が先発起用されそう。ハイチはスピードに秀でたチームだけに、それに対抗するためにも、“ジャガー”の異名をとる快足アタッカーは頼りになる。
 
 左ウイングは、左太ももを痛めてニュージーランド戦を回避した原口元気が「昨日から練習を全部やれているので、大丈夫です」とスタンバイOKだが、怪我明けだけに、ここで無理をさせる必要はない。武藤嘉紀はすでにテスト済みで、今回はコンディションが良さそうな乾がスタメンの座を掴むだろう。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト)