ルブタンが初のベビーシューズ

写真拡大

クリスチャン・ルブタン(54歳)が、11月よりベビーシューズのコレクションを展開する。レッドソールのハイヒールが有名なルブタンだが、ライフスタイルブランド・Goopを主宰するグウィネス・パルトロウ(45歳)と共同で、初となる赤ちゃん用のシューラインを手掛けたことがInStyle.comに明かされた。

グウィネスは、ルブタンとの提携は「光栄だった」と話している。

「Goopのファッション精神は常に時代に流されない質の良さをメインにしてきたの。クリスチャンや彼のチームと一緒に典型的な秋のクラシックコレクションをデザインできて光栄だったわ。ルブタンの靴は私たちや、ゆくゆくは娘や姪たちが何年もはく価値のあるものだから」

一方クリスチャンもグウィネスを称賛するコメントを送っている。

「親密な一対一の対話が好きなんだ。その点でグウィネスは素晴らしいパートナーだね。友情が仕事と重なると、その結果ものすごく楽しいものになるんだよ」

11月16日に店頭に並ぶ新作コレクション「ルビベイビー」では、トレードマークのレッドソールを用いたクラシックなストラップシューズ、メリージェーンに手作業で施されたリボンがあしらわれている。カラー展開はレッド、ブルー、ピンク、ゴールドで価格は最高250ドル(約2万8000円)だ。

また同コレクションはGoopのウェブサイトや、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミに登場するGoopのポップアップショップでも購入できる予定。