クラブW杯組み合わせ決定! レアル・マドリーが準決勝でアジア勢と対戦の可能性、本田パチューカはアフリカ勢と

写真拡大

2017年クラブ・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選が、9日に行われた。

12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催される今回のクラブW杯。本田圭佑が所属の北中米カリブ海代表パチューカ(メキシコ)は、初戦でアフリカ代表と対戦することが決定した。勝ち進んだ場合は、南米代表と準決勝を戦う。

もう一つのブロックでは、開催国代表アルジャジーラとオセアニア代表オークランド(ニュージーランド)が対戦。勝ち進んだチームは、浦和レッズも生き残るアジア・チャンピオンズリーグの優勝チームと、欧州王者レアル・マドリー(スペイン)が待ち受ける準決勝進出を懸けて対戦する。