あっと言わせるサプライズはあるのか(写真:ロイター/Issei Kato)

「いよいよ日本に希望を、そして日本の政治に希望を。そのために出馬いただくみなさんと心あわせをし、戦いぬくんだという共通の目標をみなさんとシェアしていきたい」

10月9日に開かれた希望の党の総決起大会で、同党の代表を務める小池百合子東京都知事はこう挨拶した。

盛り上がりに欠けた総決起大会

本来なら華々しく行われるはずの総決起大会だが、会場の雰囲気は盛り上がりに欠けていた。それもそのはずで、希望の党の勢いがいまいち振るわない。読売新聞社が10月7日と8日に行った全国世論調査によると、希望の党に「期待しない」が58%で、「期待する」の36%を大きく上回った。また比例区の投票先として自民党が32%に対し、希望の党は13%に過ぎなかった。

なお、朝日新聞社が10月3日と4日に行った世論調査では、比例区の投票先は自民党が35%に対して希望の党は12%。読売新聞社と同じ傾向を示している。

原因は何か。それは希望の党がわかりにくい点だろう。「安倍1強を打破する」と言いつつも、自民党には秋波を送っているようなそぶりを見せる。いったい希望の党は何を求めているのか。あるいはどういう立ち位置を目指すのか、国民にはいまいち理解できない。

小池代表は「右でも左でもないフェアウェイを目指す」と述べたが、その内容は不明だ。8日に日本記者クラブで行われた党首討論でも「今後大量に出てくる生活保護ということを考えれば、AI(人工知能)からBI(ベーシックインカム)。財源はどうするかは設計次第」と発言し、政策がこなれていないことが露見した。

そして自身の出馬はあらためて否定した上で、首班指名の候補については口をつぐんだまま。「選挙結果を受けて考える」という姿勢だった。

これで政権を狙うというのだから、もはや意味不明になってしまう。選挙公約が明らかにされたところで、国民はいったい何を基準に投票すればいいのか分からない。

あっと言わせるサプライズはあるのか


7日の街頭演説での小池百合子・希望の党代表(写真:日刊現代/アフロ)

9日午後、小池代表は知事としての公務日程をほとんど入れなかった。どこかで出馬の準備でもしているのだろうか。小池代表にとって政治生命をかけた勝負であるだけに、さまざまな憶測を呼んでいる。

公示日である10日の第一声は、地元である豊島区・池袋で行う予定であるため、いきなり衆院選に出馬して東京都知事を自動失職する可能性も囁かれる。実際にはそれくらいのことをやらない限りは、この劣勢を挽回できそうにない。

全国民をあっと言わせるサプライズは準備されているのだろうか。それとも希望は急速にしぼんでしまうのだろうか。いずれにしろ10日になれば、戦いの火ぶたは切って落とされる。