ハイチ戦の位置づけは? DF吉田麻也が言及「問題をピッチで解決する能力のテスト」

写真拡大

映像でもハイチの傾向がつかみきれていないと明かす 「どう機能するか判断しかねます」

 日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は、10日の国際親善試合ハイチ戦について「問題をピッチの中で解決する能力のテスト」という位置づけを語った。

 ハイチ代表はロシア・ワールドカップ北中米カリブ海地区予選の4次予選で敗退し、現在開催されている最終予選(5次予選)には進出できなかった。コスタリカやパナマといった相手もいたなか、6試合で2得点4失点とあって比較的守備を強みと想像できるものの、日本代表チームが入手した映像でも相手の傾向はつかみきれていないと吉田は明かしている。

「半年間、試合をやっていないチームということで、分からないですね。背が高い、身体能力のある選手がいたのは分かりますけど、映像はエクアドルとの試合で、エクアドルが良かったゲームだっただけに、チームがどう機能するかというのは判断しかねます」

 これまで、バヒド・ハリルホジッチ監督は特にワールドカップ予選においては、相手を徹底的に分析してその穴を突く、あるいは長所を消すというゲームプランで勝利を得ることを一つの特徴にしてきた。しかし、吉田の言葉からも、このゲームではそういった面にフォーカスするのは難しいだろう。だからこそ、吉田はこのハイチ戦での位置づけをこう語る。

「テストという意味でラストチャンス」

「ゲームのなかで展開を考えることになる。ワールドカップでも、プランと違った形の試合になることはある。問題をピッチの中で解決する能力のテストと言えると思います」

 吉田はこれまで、ハリルジャパンでの不動のレギュラーとしてセンターバックの一角を占めている。6日のニュージーランド戦ではDF槙野智章(浦和)とコンビを組んだが、DF昌子源とDF植田直通の鹿島アントラーズコンビには出場機会が訪れなかった。それだけに、10日のハイチ戦では吉田以外の三人の中で組み合わせが決まる可能性もある。吉田自身も「僕は前から言っていますけど、センターバックは底上げが必要」と、そうした選手たちの出場機会が重要なことにも理解を示している。

「この試合が、たくさんの選手をテストするという意味ではラストチャンスになるところもあると思う。11月は相手を考えれば(ブラジルとベルギー)、ベストメンバーに近い選手で臨まなければいけないと思うので。だから、全員が持っているものを出してアピールすればいい」

 本大会で吉田が累積警告の出場停止や負傷といった事態を迎えない保証はない。吉田のパートナー選びのサバイバルであると同時に、吉田不在でどれだけのことができるのかというテストの場も残り少ない。吉田がハイチ戦に出場するかは不透明だが、チーム全体として相手の攻撃に対する対応力、アドリブ力というものが試される場になりそうだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images