Amazonで買える「耐久ケーブル」買っていいモノ、ダメなモノ

写真拡大 (全50枚)

昨日まで使えていたのに、突然充電ケーブルが反応しなくなった! とりあえず急いで100均に駆け込んで安価なケーブルで済ませる。 それって正しい判断? 答えはノー! 実はケーブルの耐久性って、メーカーによって全然違うんです。


Amazonの売れ筋ケーブル21本
1000回折り曲げて耐久性能を検証


突然充電ができなくなる原因は、スマホやタブレットを充電しながら使用した時に、ケーブルにかかった負荷による断線かもしれません。今でこそ100均でもどこでも安価に購入できるようになりましたが、耐久性は本当に大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、Amazonで購入できるケーブルの中で「耐久性能の高い」人気のケーブルをセレクトし、その耐久性を検証しました。



Amazonの商品紹介でも高い耐久性が謳われているケーブルが多くありますが、本当に耐久性能がよいかどうかは、スペックだけではわかりません。

そこで、iPhone・iPad用のライトニングケーブル10製品とAndroidやMacBookなどで使用されているUSB-Cケーブル11製品、計21製品を集めて、メーカー公表の耐久性能との比較を行いました。

ケーブルが折り曲がる一番のタイミングである充電時を想定して、1年間朝昼晩と1日に3回充電する計算で1000回の屈曲検証を実施。



ケーブルの中でも特に断線しやすいスマホ側コネクターの根元を折り曲げてみました。さて、屈曲検証では変化があるのでしょうか?

[検証方法]
テスト1:耐久性能



使用シーンで特に断線しやすいケーブルの根元部分を1000回屈曲させ、耐久性能を検証。

テスト2:通常時の電流実測



屈曲検証を行う前の通常時に、5V×2.1AのACアダプターを使用し、アンペア値を実測。

テスト3:1000回屈曲検証後の電流実測



屈曲検証を行った後、上記同様に5V×2.1AのACアダプターを使用し、アンペア値に変化があったか実測。

全21製品の評価は、ライトニングケーブルとUSB-Cケーブルとに分けて発表します。それではまず、ライトニングケーブル10製品の評価から!


A評価は「AOFU」1本のみ!
不通も続出しました


iPhoneやiPadを充電する際に使用するライトニングケーブル。実際に検証してみると、1000回の屈曲検証で見事に「不通」となってしまったケーブルが続出!

そのほか不通にこそならなかったものの、明らかに通電状態が悪くなったケーブルも多く、耐久性能にかなりの差があることが確認できました。

A評価は検証後も唯一1.35AをマークしたAOFUのみで、4製品がB、残り5製品がC評価という結果でした。


[評価A]唯一断線しなかったAOFU
優れた耐久性能でコスパも抜群!


公表値では5000回以上の屈曲耐久があるとされるAOFUのケーブル。「急速充電」を謳っているものの中で唯一断線せず、1000回屈曲した後でも変わらず1.35Aをマーク! 急速充電可能で耐久性能にも優れたその実力を大いに見せつけました。

ケーブルの表面がナイロンメッシュ繊維編みされていて、1本あたり約300円とコスパも抜群です。



AOFU
ライトニングケーブル 3本セット
Amazon価格:899円
サイズ:2m×3本
素材:高耐久ナイロン、ケブラー



ライトニングケーブルでは、唯一1.35Aをマーク!



MacのようにUSBの差し口が裏側にあるパソコンでも、長さを活かして問題なく接続できます。


[評価B]検証後も0.70Aをキープ!
Amazonベーシックもまずまず


検証前と後で0.70Aと数値が変わらず、高い耐久性能だったAmazonベーシックハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル。プラス1300円で充電器セットも販売しています。



Amazonベーシック
ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル
Amazon価格:740円
サイズ:約90cm
素材:ソリッドPVC、銅線、アルミホイル、マイラー、高抵抗絶縁体、高品質銅線



[評価B]検証前後で数値変わらず
Ankerも及第点です


Amazonベーシックと同じく、こちらも検証前の数値0.70Aは検証後でも変わりませんでした。その他、18カ月保証と長期のカスタマーサポートを誇るのもAnkerの魅力です。



Anker
プレミアムライトニングUSBケーブル A7101021
Amazon価格:840円
サイズ:0.9m
素材:フレキシブルPVC、銅線、アルミホイル



[評価B]コネクターがアルミ合金製で
安心感があるのはZeuste



Zeuste
高耐久ナイロン appleケーブル
Amazon価格:599円
サイズ:50cm
素材:高耐久ナイロン+アルミ端子



[評価B]20cmでコンパクトに使えて便利な
YUANZE ライトニングケーブル3本セット



YUANZE
ライトニングケーブル3本セット
Amazon価格:999円
サイズ:20cm×3本
素材:高耐久ナイロン



[評価C]検証後に電流低下も
LED点滅ライトは便利です


TPE素材を使用したシリコン製のケーブル。これはゴムとプラスチックの中間の「熱可塑性エラストマー」という、冷たさや熱に強く弾力のある素材のタイプで、スペック的には外皮膜が強固。

分解してみると内側も銅線一本一本をシリコンが包み込む構造になっていましたが、残念ながら今回の屈曲検証では、その強靭さは見られませんでした。



ilifetech
LEDランプ付きライトニングケーブル
Amazon価格:790円
サイズ:1m
素材:亜鉛合金+TPE+銅



[評価C]PVC被覆構造も
実力出せず不通になりました



RoiCiel
2重編込高耐久ナイロン素材 Lightning ライトニング
Amazon価格:999円
サイズ:2m×3本
素材:2重編込高耐久ナイロン



[評価C]内部に防弾用ケブラーを
使用するも不発



PINYUE
ライトニングケーブル
Amazon価格:799円
サイズ:0.9m
素材:高耐久ナイロン編み、耐熱合金製端子



[評価C]陽極酸化したアルミニウム殻カバー
ONSONライトニングケーブル



ONSON
ライトニングケーブル3本セット
Amazon価格:1099円
サイズ:3m×3本
素材:耐熱アルミニウム合金、ナイロン繊維



[評価C]薄くてほぐれやすく
耐久性能は低い



Liwin
ライトニングケーブル3本セット
Amazon価格:780円
サイズ:1m×3本
素材:高耐久性ナイロン



ライトニングケーブルはUSB‐Cケーブルに比べると、細いものが多く、断線しやすい傾向。不通になるものも続出し、脆いものが多かったです。

今回の検証では10本中5本が屈曲検証後に異常が見られ、うち4本は「ナイロン編み」されているもの。外側のナイロンに頼りすぎているせいなのか芯線は細く、内側の皮膜部分も柔らかい材質のものが多かったです。

ただし、ナイロン編みのものが悪いわけではなく、芯線がしっかりした構造のものであれば耐久性は十分です。しかも、ケーブルにかかった負荷が「編み目のほぐれ」という目に見える形で現れるため、断線の前兆を事前に確認でき、交換のタイミングがわかりやすいというメリットもあります。また、同じケーブルが複数本のセットになっていて、コスパが高いのもポイントです。

では続いて、USB‐Cケーブル11製品の全評価です。


A評価9製品、B評価2製品と
全般的に高い耐久性のUSB-C


双方向の電源供給が可能なため、今まで以上のスピードで大容量のバッテリーを充電でき、充電時間の短縮も見込めるUSB‐Cケーブル。MacBook Proを筆頭に、最近ではXperiaなどのスマホもUSB‐Cケーブルとなっています。

今回の検証では、検証前後で数値が1.35Aと変わらなかった9製品はすべてA評価、残り2製品もB評価と、全体的に耐久性が高いことが判明しました。


[評価A]耐久性もコスパも高い
「Ailkin」が優良USB-Cでした


USB-Cケーブルの中で耐久性に優れ、1本あたりのコスパが最もよかったのがAilkinのケーブル。派手な5色のケーブルは、シーンや機種によって使い分けができます。

外側がナイロン編みされていて、1000回の屈曲検証ではちょうどよく編み目がほどけて、交換時期もわかりやすかったです。



Ailkin
USB2.0 ケーブル Type-C 5本セット
Amazon価格:1599円
サイズ:2m×5本
素材:高耐久ナイロン



1.35Aをマークし、耐久性にも優れています。



ホワイト、ブルー、オレンジ、グリーン、ローズレッドの5色のケーブルがセットで1599円。1本あたりの単価が319.8円と、かなりコスパ良しです。


[評価A]アルミ合金採用で
高級感のある「ICZI」


コネクタ部分にアルミ合金を採用し、高級感を演出しているICZI USB Type C ケーブル USB3.0 2本セット。ICZIも検証前と後では数値の変化はなく、1.35Aと耐久性は高いままでした。



ICZI
USB Type C ケーブル USB3.0 2本セット
Amazon価格:895円
サイズ:2m+1m
素材:耐熱端子、アルミニウム合金



[評価A]長さ違いを3本セットで
購入できるのが嬉しい


AilkinやICZIと同じく、こちらも検証前と検証後では数値は変わらず1.35Aをキープし、耐久性は高め。長さの異なる3本のケーブルをセットで購入できます。



Royal Flag
高級USB Type C ケーブル 3本セット
Amazon価格:999円
サイズ:2m×1本、1.2m×1本、0.3m×1本
素材:アルミニウム合金、ハイデザインPVC



[評価A]平型きしめんタイプの
「Roiciel」は柔らかく自由度が高い



Roiciel
USB-C to USB-Aケーブル きしめんタイプ
Amazon価格:490円
サイズ:1m
素材:アルミニウム合金コネクタ



[評価A]強度のある2色編みの
ナイロンタイプ「Zeuste」



Zeuste
USB Type Cケーブル
Amazon価格:699円
サイズ:0.9m
素材:高品質ナイロン編み



[評価A]二重編みで
ケーブルが絡みにくい「Anker」



Anker
PowerLine USB-C&USB-A 3.0ケーブル
Amazon価格:799円
サイズ:0.9m
素材:高耐久素材



[評価A]「EnacFire」は強靭な
格子状ナイロンファイバー被覆構造



EnacFire
USB Type C ケーブル 3本セット
Amazon価格:1080円
サイズ:0.5m×1本、1m×2本
素材:24/20米国ワイヤゲージ規格充電用銅線



[評価A]接続中に光って
視覚的にも楽しめる「Welmor」



Welmor
Type C USB 充電ケーブル LED Light 両面 新モデル
Amazon価格:999円
サイズ:1m
素材:耐熱アルミニウム合金端子



[評価A]フェルト製ポーチ同梱で
持ち運べるAnkerのPowerLine+



Anker
PowerLine+ USB-C&USB-A 3.0 ケーブル
Amazon価格:1099円
サイズ:0.9m
素材:高耐久ナイロン、高耐久素材



[評価B]ABAOLUXのCケーブル3.0は 
終身修理保証付きの手厚いサポート



ABAOLUX
USB Type Cケーブル3.0 強化ナイロン編み
Amazon価格:999円
サイズ:1.2m×2本
素材:レミアムナイロン、アルミニウム



[評価B]太めの充電用銅線で
抵抗を軽減するCケーブル2本セット



Tronsmart
USB Type C ケーブル 2本セット
Amazon価格:789円
サイズ:1m×2本
素材:難燃性素材、2重シールドケーブル、金メッキピン



全体的に耐久性が高かったUSB-Cケーブルは、あとはコスパ勝負の世界。きしめんタイプで柔らかいものや接続中光って視覚的に楽しめるものなど、個性的なものも多数ありますので、機能性重視で選んでみてもよいかもしれません。

ケーブルやバッテリーで抜群の知名度を持つアンカーのケーブルは、分解検証してみると、皮膜内の4本の銅線をアルミホイルで包まれていて、外からのダメージを受けにくい強固な作りとなっていました。そのため、今回の検証で登場したアンカー製4本はいずれも断線は見られず、検証前後でアンペア値も安定していました。

メーカーによって耐久性の違いが出た今回の検証。どこで買っても同じと思っていたら大間違い! 今まで100均で買っていた人ほど、見直しを強く推奨します。

それでもまだピンと来ない……という人のために、ケーブルでよくある疑問をメーカーにぶつけてみました。


100均で買った安いケーブル。
うまく充電できない時があるけど、コレって?


品質基準が甘く設定されているのが原因です。ケーブル選びの際は価格だけでなく、安全性や品質、使われている素材は何かということを、しっかり確認するようにしてください。

モバイルライフ・パートナー ブランド「Anker」の技術担当者によると、粗悪なケーブルは厳格な電気特性検査を行わなかったり、製品の品質基準自体が甘く設定されている場合があるとのこと。そのため、耐久性に欠けたり、そもそも使えないというトラブルが多く、安全性も低いといいます。

例えばUSB-A to Cケーブルの場合、それぞれの機器やケーブルがどの電流まで対応しているかを電源側が識別するために、USB-Cのプロトコル上、56kΩ/22kΩ/10kΩのいずれかの抵抗を組み込む必要があります。しかし、安いものはきちんと設計されていない可能性があり、この設定の甘さによって必要以上の負荷がかかり、ケーブルだけでなく、接続機器を巻き込みながら電源側も破損するというケースも。また、充電側が発揮できる能力にケーブルの性能が合っていないというケースもあるようです。

高耐久充電ケーブルの性能はメーカーによって意外と差があり、100均なんてもってのほか! 突然の“つながらない”を防ぐ予備購入の際に、ぜひ参考にしてみてください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。