FCAジャパンは10月2日、フルモデルチェンジを受け2代目となった新型「ジープ・コンパス」を、2017年10月30日に発表すると予告した。

新型コンパスのコンセプトは「お客様を新たな世界へ誘う、人生のコンパスとなるような SUV」。SUVをより身近な存在とした初代モデルは、その自由さ、気軽な世界観が支持され、ジープブランドの裾野を広げた。

2代目となる新型コンパスは、初代で好評を博したユーザーフレンドリーなDNAを受け継ぎながら、デザインや機能、快適性、安全性など全方位において進化を遂げ、カスタマーを次なるステージへと導くと、FCAジャパンは説明している。

新型コンパスには、クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付きの前面衝突警報をはじめ、高速走行時に一定の車間距離を保ち、先行車が停止すると自動で停止までを行うSTOP&GO機能付きアダプティブクルーズコントロールといった先進の運転支援機能を備えている。

一方で、Apple CarPlayやGoogleのAndroid Autoに対応した新世代のインフォテイメントシステム「Uconnect」を搭載。電話やナビゲーション、エンターテイメントなどの各種機能をタッチパネルモニターから指先だけで直感的に扱うことができるほか、ボイスコマンドにも対応している。

FCAジャパンはすでに、新型コンパスのティザーサイトを開設。発売に先駆け、同車に関する様々な情報を発信していくという。

 

・新型ジープ・コンパス ティザーサイト
http://cp-compass.jp