U-17イングランド代表のジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-17W杯の初戦(チリ戦)で2ゴール1アシストの活躍を見せ4-0の勝利に貢献したU-17イングランド代表FWジェイドン・サンチョが、結果に関係なくグループステージ終了後にドルトムントへ帰還する見通しとなったようだ。8日に独紙『フォーカス』が報じている。

 サンチョは8月31日、マンチェスター・シティの下部組織(U-18)からドルトムントに移籍した。U-17欧州選手権では6試合で5得点5アシストの活躍を見せチームの決勝進出に貢献。U-17スペイン代表に敗れ優勝は逃したもののサンチョは大会MVPに輝いている。

 同紙は「サンチョは早い段階でドルトムントに戻る」と報じ「イングランドがグループステージを突破したかどうかに関係なく、グループステージ終了後にドルトムントへ帰還することでイングランドサッカー協会と合意した」と伝えている。U-17W杯で好スタートを切ったイングランドは現地時間11日にU-17メキシコ代表と、現地時間14日にU-17イラク代表と対戦する予定だ。

text by 編集部