ハリル監督が国内組の台頭に期待 「私の中に13〜15人」と断言、残るは最大“10枠”か

写真拡大

ハイチ戦をはじめ、欧州遠征とE-1選手権は「国内組の選手を見るチャンス」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、10日の国際親善試合ハイチ戦を翌日に控えた記者会見で、ロシア・ワールドカップまでの残り8カ月となったなか、年内の時間で主に見たいのはJリーグでプレーする選手たちであることを明かした。

 ハリル監督は「我々の目的は2試合目に勝つことです。最近たくさん出ていない選手にもチャンスを与えようと思う。我々は本大会への準備をしている最中なので、選手を見たい。チームの多くを変えるかもしれないが、勝利を望んでいる」と、まずは勝利という結果にこだわることを前提に挙げた。そのうえで、このハイチ戦、11月の欧州遠征、12月のE-1選手権という年内の活動期間で、注視しているのが国内組であることを明かしている。

「本大会に向けて、多くの選手を見たい。海外組もよく分かっているし、先発かそうでないか分からないが、注目しているのは国内組でどのような発展をするかだ。12月にE-1選手権もある。私にとっては国内組の選手を見るチャンスにもなる」

 6日のニュージーランド戦前日、そしてその試合後にもハリル監督はメンバー選考を固める時期の目安を提示していたが、この日も「来年の3月に向けて、最終的なチームをそのへんで決めたい。私の中には13人から15人、しっかりプレーしてほしい選手がいる。本大会は3試合が短い期間で行われる。2試合目、3試合目に疲労がきて、変更を加えざるを得なくなるだろう」と話した。そういう意味では、本大会登録の23人から考えてみると、残り8人から10人の枠を争っている選手たちがいるということになる。

国内組にとってアピール期間は3カ月間のみ

 Jリーグでプレーする選手たちは、基本的に1月と2月はオフシーズンでアピールの機会がなく、3月にはメンバーを固めるとハリル監督が明言している。そうした意味では、1年を戦ってきた疲労が溜まっている時期であるとはいえ、この3カ月間で良いアピールができずに年をまたいでしまえば、本大会までの半年間で巻き返すことはかなり難しいと言えるだろう。

 このハイチ戦で試される選手、あるいは12月のE-1選手権で招集される国内組にとっては、もう残り数試合しかアピールのチャンスはない。W杯への切符をつかむために、Jリーグ所属の選手たちにとっては、サバイバルの3カ月間と言えるだろう。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images