画像はイメージ

写真拡大

毎日着る服はちゃんと洗いたいもの。特に、肌に直接触れる服や、夏場の汗をかきやすい時期は洗濯機もフル稼働だろう。

だが、ズボンはどうか。毎日洗って取り替える人もいれば、連続で穿くのは当たり前という人など、三者三様のようだ。

消臭スプレーで済ます人も

Q&Aサイト「発言小町」で2017年9月30日、

「ズボン、何回履いたら洗いますか?」

というトピックが立った。

投稿主は、「洗った後のパリっとした感じが履いていて気持ちいい」などを理由に、ズボン類(ジーンズやチノパン)を1回でも穿いたら洗濯するそうだ。

コメント欄には、大きく「こまめに洗う派」「連続で履く派」の2つに分かれたが、その中でも各々こだわりがあるようだ。

こまめに洗うという人からは、

「仕事に出るときに着た服は1回で必ず洗います。夏場は着替えることもあります」
「半日着用しても洗います」

といったコメントが寄せられた。春〜秋は毎日洗うも、下にレギンスやタイツを着込む冬の寒い時期には、少しルーズになるという人もいた。

一方、連続で穿く派は、

「私が持っているジーンズは、ほとんどがいいものなので、あまり洗わないようにしています」
「月から金まで3パターンのボトムを着回し、週末にまとめて洗濯します」
「季節が変わるまで洗わない」

毎日洗っていない理由としては、「面倒くさい」が一番多いが、「衣類の痛みが気になるため」や、「消臭スプレーで済ましているから」といった声もあがった。