負傷したマルアン・フェライニ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間7日に2018年ロシアW杯欧州予選の試合が行われ、ベルギー代表はボスニア・ヘルツェゴビナ代表のホームに乗り込んで対戦し4-3の勝利をおさめた。ただ、この試合でベルギー代表MFマルアン・フェライニが負傷交代している。8日に英紙『マンチェスター・イブニングニュース』が報じた。

 試合開始して29分、フェライニが左膝あたりを負傷。レアンデル・デンドンケルと途中交代しピッチから去っている。同紙によると、少なくとも2週間は試合でプレーすることが出来ない状態とのこと。負傷したポール・ポグバに続いて中盤にまたも離脱者が発生した。

 今季負けなしで好調のマンチェスター・ユナイテッドは現地時間14日にリバプールとの対戦を控えている。さらに18日にはチャンピオンズリーグのベンフィカ戦もある。重要な試合が続くだけに、フェライニの離脱は大きな痛手となりそうだ。

text by 編集部