10月2日、最新の公開商標公報に掲載されている全商標登録出願の概要をツイートしている「商標速報bot」のTwitterアカウント(@trademark_bot)が、「モバイルPASMO」が出願されたことをツイートし、話題となっている。

ツイートによると、「モバイルPASMO」の出願人は「株式会社パスモ」。内容はICカードを利用した決済や電子マネーの利用などとなっており、ネット上ではPASMOアプリなのではないかという見方が強いようだ。Suicaはモバイル対応しているものの、PASMOはまだ対応していないため、この情報に食いつくネットユーザーは多い。Twitterには、

“モバイルPASMOアプリが出来るのか?確かに期待してしまう。”
“モバイルPASMOの商標見たら「腕時計型携帯情報端末」ってあるしApple Pay説が濃厚に”

などと期待と憶測が飛び交うなか、

“うおおお!私鉄ユーザーに朗報だ!(いまはiPhoneでモバイルSuica定期券を使いたい場合、区間内にJRがないと使えない)”
“通勤でJR使わないからモバイルSuicaに定期券組み込めないし、ANA TOKYUのPASMO一体型カードの定期券機能も西武鉄道は対象外だったので、モバイルPASMOが出るとして、その辺解決してくれるなら助かるんだけどなー”
“モバイルSuicaの定期券はJRが絡まないと使えないから助かるわー”

と、私鉄ユーザーから喜びの声が続出している。

ただこのアカウントがツイートしている商標は、まだ出願されただけの段階で、特許庁の審査を経て登録されたものではなく、また実際にPASMOのアプリが開発されているといった具体的な情報は何もない。とはいえ、ネット上でちょっとした話題になったところをみると、多くの人が待ち望んでいるのは確かなようだ。

(花賀 太)

■関連リンク
商標速報bot (@trademark_bot) | Twitter
https://twitter.com/trademark_bot/status/914877647028711424
PASMO(パスモ)-電車も バスも PASMO
https://www.pasmo.co.jp/