本はゆっくりと読むべし

写真拡大

本を読みたいけれども、すぐに飽きてしまってなかなか読み進められないという人はいるでしょう。一般的に本は早く読むことが良しとされていないでしょうか。いや、そんなことはありません。本は、ゆっくりと読む方が味わえるのです。

本はどういうふうに読むべきか?

印南敦史による『遅読家のための読書術:情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)においては、著者の体験をふまえた読書論が展開されています。著者は、ネットや紙媒体を問わずに多くのメディアで書評を担当している人間です。そのため月に60冊以上の本を読んでいるといいます。そうなると単純計算では、1日2冊ほどの本を読んでいるではないか。しかし、著者自身がふりかえるように、1ページの読書に5分以上かかる遅読家だったそうです。そんな著者がどのように、本を読んでいったのか、そのメソッドが記されています。

すべてを読もうと思うな

著者がまず説くのは、「100%を写しとる」から「1%にめぐり合う」へというものです。これは本を読まなければいけないと考える人にありがちなことですが、本は読んだ先から内容を忘れていっても仕方ないものなのです。例えば何度も読んだ本ならば、フレーズまで暗記しているということもあるでしょう。しかし、そこまで思い入れのある本に出会えるのはまれです。全部読もうと思わずに1%のめぐりあいを求めてゆけば良いでしょう。

ふりかえりも重要

さらに、著者は本の内容を読んだ先から忘れてしまう問題にもきちっと答えを出しています。読書体験をきちっと自分の中にストックする方法として、本の魅力を抽出する「1ライン・サンプリング」、さらに重要箇所をよみがえらせるための「1ライン・レビュー」といった手法を紹介しています。これは著者が実際に原稿を書くにあたって、実践している方法ですから、すぐに同じことをしてみるのも良いでしょう。著者は書評家として、本を読むこと、本を紹介することを仕事としています。書評の仕事ではなくとも、本を読んでその情報をもとにアイデアを練ったり、資料を作るということは仕事のあらゆる場面で登場するでしょう。ビジネスのメソッドとして本書はあるといえるでしょう。