ジダンやガスコイン、シアラーも!? 元マンU会長、過去の移籍話を大暴露

写真拡大

 かつてマンチェスター・Uを率いて一時代を築いたサー・アレックス・ファーガソン氏が、とある有名選手と契約するチャンスがあったことを、クラブの元会長であるマーティン・エドワーズ氏が明かした。

 その選手とは、現在レアル・マドリードで指揮を執るジネディーヌ・ジダン氏だという。同氏がボルドーでプレーしていた頃、獲得寸前まで迫っていた。しかし、当時22歳のジダン氏はユヴェントスへの移籍を決断したという。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』はエドワーズ氏のコメントを掲載している。「彼がボルドーにいた時に、ファーガソン氏にジダンを薦めていたんだ。でも、その時チームには(元フランス代表FW)エリック・カントナがいたんだよ。もしジダンとサインしていたら、カントナを手放さなくてはいけなかったんだ」と語っている。

 さらに「(元イングランド代表MF)ポール・ガスコインもターゲットの一人だった。マンチェスターに来てくれたかもしれないが、最終的に彼はトッテナムを選んだ。獲得まであと一息だったんだけどね。それから(元イングランド代表FW)アラン・シアラーとも契約間近だった。でも相手のオーナーが断固拒否していた。だから成立しなかったね。(元イングランド代表FW)ガリー・リネカーも噂に上がっていたね。当時の代理人が『僕は今エヴァートン行きの列車に乗っているけど、彼はマンチェスター・Uに行きたがっている』と連絡をくれたよ。でもその時はすでに、4人のFWがチームにいたんだ。だから断りの連絡を入れたのさ。ほかにもたくさんの有名選手を狙っていたよ」と秘話を次々に語った。