7日、RFI中国語版サイトは記事「北朝鮮、米国が金正恩政権転覆のためにテロリストを派遣したと指弾」を掲載した。北朝鮮国連代表団は6日、国連に文書を提出。米国は今年5月、金正恩政権転覆のためにテロリストを派遣していたと指弾した。

写真拡大

2017年10月7日、RFI中国語版サイトは記事「北朝鮮、米国が金正恩政権転覆のためにテロリストを派遣したと指弾」を掲載した。

韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮国連代表団は6日、国連に文書を提出。米国は今年5月、金正恩政権転覆のためにテロリストを派遣していたと指弾した。朝鮮中央通信も6日、この問題を取り上げ、世界からテロが根絶されないのは米国が介入しているためだと主張している。

北朝鮮が米国によるテロを批判したのは今回が初めてではない。米誌ニューズウィークによると、北朝鮮当局はかねてから米国の金正恩政権転覆計画「プラン・ジュピター」が存在するとの批判を続けてきた。しかし、この批判について今まで証拠は得られていない。(翻訳・編集/増田聡太郎)