インテルが元チェルシーのラミレス獲得に個人間合意? 冬にレンタルで加入か

写真拡大

▽インテルが、中国の江蘇蘇寧に所属する元ブラジル代表MFラミレスの獲得へ個人間合意に達したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

▽2016年1月にチェルシーから中国の江蘇蘇寧に加入したラミレスは、今シーズンここまで公式戦31試合で11ゴール2アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグでは、7試合で4ゴールをマークし、チームの決勝トーナメント進出に貢献した。

▽ラミレスは、2019年12月まで江蘇蘇寧との契約を残しているが、『カルチョメルカート』によればインテルは、今シーズン終了までレンタルで獲得する模様。また、中国スーパーリーグは11月にシーズンが終了するが、正式契約は冬の移籍市場が開かれる来年1月となるようだ。これに対して、同メディアは江蘇蘇寧がインテルの親会社である蘇寧グループが所有しているクラブでもあることから交渉がスムーズに進むとの見解を示している。