犬の舌の色が黒い場合に考えられる病気とは?

舌はピンク色イメージですが、舌の一部が黒であったり、痣のように青みがかった舌である犬を見かけることがあります。これは「舌斑」である可能性が高く、とくに日本犬に多いとされています。

舌斑は生まれつきある犬がほとんどなのですが、仔犬の頃には小さかったものが成犬になるに連れて大きくなる場合もあります。

仔犬の頃には気づかないことも多く、成犬になってから黒い舌斑があることに驚き、何か恐ろしい病気なのではないか、と考える飼い主さんも少なくはありません。

もし、愛犬の舌の一部が黒であったり、痣のように青みがかった舌である場合、それが舌斑点であれば病気ではありませんし、治療をする必要もありません。

舌斑のようなものがある、でも自分では判断が難しい、病気なのではないかと心配だ、そのような場合にはぜひ獣医さんに相談しましょう。

舌に黒いしこりがある場合

舌の黒いしこりはメラノーマ(悪性黒色腫)である可能性が高く、高齢犬に多くみられます。

舌唇頬の粘膜歯茎など

にできます。

腫瘍ではありますが、良性の場合も悪性の場合もあり、細胞診や組織診などを受ける必要があります。

進行具合によって治療法は異なり、放射線治療・抗がん剤治療・外科手術などがあります。

舌に黒いしこりがあり、メラノーマである場合、進行するスピードが早いため、早期治療をおすすめします。

犬の舌の色が白い場合に考えられる病気とは?

犬の舌が白っぽい場合、貧血である可能性があります。

軽度の貧血であればあまり舌に症状があらわれることはないのですが、舌が白い!と気づくことができるほど白い場合、重度の貧血である可能性が高いです。

貧血であっても食欲も元気もある犬もいますが、貧血が起きている原因には、とても重大な病気が潜んでいる可能性があるため、早めに獣医さんの診察を受けるようにしましょう。

ショック症状によって舌が白くなることがある

血液の循環が悪くなるなどし、臓器が低酸素状態である場合、舌の色が白くなることがあります。
ショック状態とは、

出血外傷アナフィラキシー敗血症など

によって引き起こされます。

ショック状態を引き起こしてしまっている犬に気づかないという飼い主さんはいらっしゃらないと思いますが、以下の症状が見られます。

舌が白くなるぐったりとしている起き上がることができないなど

犬の舌の色が紫である場合に考えられる病気とは?

犬の舌が紫である場合、チアノーゼである可能性があります。

皮膚や粘膜が紫に変化してしまうのですが、もし、チアノーゼを起こしてしまっているのであれば、心疾患や呼吸器疾患などの重篤な病気によって低酸素状態である可能性が高いため、すぐに病院へ行きましょう。

チアノーゼの対処法

チアノーゼには、末梢性チアノーゼと中枢性チアノーゼがあります。

末梢性チアノーゼとは、末梢の循環不全によってカラダの一部に起こるチアノーゼです。

中枢性チアノーゼとは、呼吸器・心臓・脳髄膜の病気によってカラダ全体に起こるチアノーゼです。

舌や皮膚に色の変化、呼吸が荒い・呼吸が苦しそう、などの症状がある場合、すぐに病院へ行きましょう。

病院へ行くまでの間、人間用の酸素吸入スプレーで応急処理をすることができますが、音や風によって使用することを嫌がる犬もいます。

酸素吸入スプレーを嫌がり、暴れてしまうようであれば使用しないようにしましょう。

犬の舌の色が赤い場合に考えられる病気とは?

舌に赤いしこりがある場合、唾液腺嚢腫(ガマ腫)である可能性があります。唾液腺や管に何等かの障害が起き、唾液が漏れ出て溜まってしまうことが原因です。

また、舌だけではなく、口の中に発生する赤いしこりには、良性の腫瘍や悪性の腫瘍である可能性のあるものもあります。細胞診や組織診を受けてみることをおすすめします。

舌炎

しこりはないけれど舌が異様に赤い、舌が赤くただれてしまっている、そのような場合には舌炎である可能性があります。

舌炎には他の病気が潜んでいることが多いため、何か気になる症状がひとつでもある場合、すぐに獣医さんの診察を受けましょう。

まとめ

犬の舌が、黒・白・紫・赤である場合、何等かの重篤な病気が潜んでいる可能性があります。

舌の色の変化には気づいていたけど気にせず放置していたら実は重篤な病気であった、というケースも多く、飼い主さんが見て明らかに愛犬の舌の色がおかしいぞ、という場合にはすぐに病院へ行き、獣医さんの診察を受けることをおすすめします。

舌の色の変化が何等かの病気のサインである可能性もありますので、普段から愛犬の舌の色をチェックしておくと良いのではないでしょうか。

何となく色がいつもと違うような…そんな時も獣医さんの診察を受けることで安心できるのではないでしょうか。