犬が急に階段を上ることを嫌がるようになってしまったら?

昨日まで当たり前のように階段の上り下りをしていた愛犬が、今日なぜか急に階段を上ることを嫌がるようになってしまったとき、身体的な原因と精神的な原因の2つが考えられるのではないかと思います。

身体的な原因なのであれば、カラダのどこかに負担がかかってしまったおり、違和感や痛みを感じている可能性があります。

精神的な原因なのであれば、階段の上り下りをすることに対して、何等かの不安や恐怖を感じている可能性があります。

身体的な原因、精神的な原因、その他の原因について詳しくご紹介します。

犬が急に階段を上ることを嫌がるようになってしまった原因とは?

老化によって筋力が低下してしまったから視力の低下によって視界が見えづらくなってしまったから膝蓋骨脱臼によって違和感や痛みがあるからヘルニアによって違和感や痛みがあるから不安や恐怖を感じているから

犬の老化のサイン

とくにケガをしている様子もなく、カラダのどこかを痛がる様子もなく、手足を引きずる様子もない。病院でレントゲンなどの検査をしてもらったけど、骨や筋肉に異常はみられなかった。

そのような場合、老化によって筋力が衰え、階段の上り下りが困難になった可能性が考えられます。

全く上り下りができなくなったというわけではなくとも、筋力の衰えによって階段の上り下りに不安を感じてしまっているのかもしれません。

無理やり階段の上り下りをさせてしまうと思わぬケガの原因になってしまいます。

まだまだ元気だし階段の上り下りもできるから大丈夫!とは思っていても、老化によって筋力が低下してしまっている場合、躓きやすくなってしまったり、転びやすくなってしまったりなどし、骨折などのケガの危険があります。

高齢である場合、階段の上り下りが必要ないような生活環境を用意してあげる、または抱っこで移動させてあげると良いのではないでしょうか。

視力の低下

老化や白内障などによって視力が低下し、視界が見えづらくなり、階段の上り下りに不安や恐怖を感じてしまっている可能性があります。

もっと視力の低下が進行すると、階段の上り下りができなくなるだけではなく、ただ歩いているだけなのに物にぶつかるなどの症状がみられるようになります。

膝蓋骨脱臼

超小型犬や小型犬などの華奢な犬種の場合、階段の上り下りが膝蓋骨脱臼の原因になりやすく、普通に歩いているように見えて、膝蓋骨脱臼を起こしてしまっている可能性があります。

階段の上り下りをしている最中に痛めてしまい階段の上り下りに対して恐怖を感じてしまっている。もしくは膝蓋骨脱臼によって痛みがある可能性があります。

ヘルニア

足の短い犬種に多いのはヘルニアが原因で階段の上り下りを嫌がるようになってしまうケースです。

階段の上り下りが腰に大きな負担をかけ、ダメージが積み重なってしまったことにより、ヘルニアを誘発してしまったのではないかと考えられます。

ヘルニアの悪化は四肢の麻痺などにも繋がってしまうため、早めに病院で検査を受けましょう。

階段の上り下りが怖い

飼い主さんが見ていないとき、階段から転がり落ちてしまった、階段の上り下りをしている際に躓いたり転んだりなど痛い思いをした、などの恐怖体験から階段の上り下りを嫌がるようになってしまう犬もいます。

階段を上った先に何か嫌なものがあった、などの体験も階段の上り下りを嫌がる原因になります。

とくに階段の上り下りに注意したい犬種

胴が長い犬種や手足が短い犬種は、階段の上り下りをする際にかかるカラダへの負担がとても大きいです。

階段を上り下りする際には全ての犬のカラダに大きな負担がかかっていますが、ダックスフンドやコーギーなどはとくに大きな負担を抱えることになってしまいます。

その負担が日常的なものであれば、腰などにダメージが蓄積され、ヘルニアなどの病気を誘発させてしまいます。

犬に階段の上り下りは必要のないことです。どうしても必要な場合には抱っこしてあげましょう。大型犬の場合も抱っこして階段を上り下りできる体力を飼い主さんが持っておくことが必要だと思います。

犬は身軽に簡単に階段の上り下りをして見せますが、手足や腰などカラダにはとても大きな負担なんです。

まとめ

犬が急に階段の上り下りを嫌がるようになってしまったとき、手足を引きずっていたり、カラダを痛がるようであれば、すぐに病院に連れて行くなどの対処ができます。

しかし、飼い主さんがチェックする限り、とくに何も原因が見つからないこともあります。

痛みを我慢している場合もありますし、不安や恐怖を感じている場合もありますし、老化による筋力の低下である場合もあります。

なぜ急に階段の上り下りを嫌がるようになってしまったのか、全く思い当たることがないのであれば、すぐに病院で検査を受けてカラダに異常がないかを調べてもらうのも良いですし、愛犬の様子をよーく観察して原因を突き止めても良いと思います。

犬のカラダは下半身に比べて上半身の方が重くなっており、バランスが良いとは言えません。とくに階段を下りる際にはバランスが取りづらく、手足や腰へ大きな負担がかかってしまうんです。

転げ落ちたりなどの原因になりますので、「階段の上り下りをさせない」というのが最も良い対処法なのではないでしょうか。