犬の骨格の基本的な知識

人・犬の骨格の違い

人間:骨の数206個犬:骨の数320個

人間の骨は成人で206個あるとされていますが、犬の骨はそれより多く320個あり、犬は人よりも細かな骨格になっています。また、犬と人、脊椎の数は7個でこれは人間の他、首の長いキリンなどでも同じです。人や犬、キリンと骨格の大きさや形はバラバラでも脊椎の数が同じなのは骨のとても不思議なところです。

犬の骨格(頭蓋骨)

まずは犬の頭部の骨格ですが、頭の骨である頭蓋骨の役割は脳や感覚器官を守り保護することです。

犬は頭蓋骨が大きい

ここまでは犬も人間もさほど変わりはありませんが、元々、野生の狼と近い種族であり食肉目でもある犬にとっては、エサを探したり敵を見つけたりする嗅覚や聴覚などは直接生死に関わる重要な部分です。ゆえに人間よりもその部分が発達しているので骨格的にも犬は頭蓋骨が体の割に大きくなっています。

品種ごとの骨格の違い

ちなみに犬の頭の骨格ですがこれは品種ごとに長い、短いなど形が異なるようです。

例えば

グレイハウンドボルゾイコリーなど

といった犬種は長頭種と呼ばれ、長く狭い頭の骨格をしています

ブルドッグペキニーズパグボストンテリアなど

頭が丸くて短い形をしています。

ビーグルダックスフンドなど

中間の中頭種となります。

犬の骨格(歯)

次は犬の骨格と深い関わりを持つ犬の歯ですが、犬の歯は全部で42本(21対)あり、あごが長くて歯がたくさんある骨格です。犬の切歯は上下3本、前臼歯が4本、後臼歯は上あごが2本、下あご3本あります。

この他に犬などの肉食動物には欠かせない犬歯(牙)以外にも裂肉歯と呼ばれる山型のギザギザの歯があります。これで獲物から肉を切り取って食べるわけです。肉はあまり噛まないで飲み込む食べ方です。

犬の骨格(脚)

ハンターである犬の骨格で気になるのはやはり獲物を追いかける肢です。犬の骨格には前足と後ろ足である前肢(ぜんし)と後肢(こうし)がありますが、前肢(ぜんし)は人間でいうと腕にあたる部分になります。後肢(こうし)については犬の骨格には元々親指にあたる部分がないのですが、時に親指がある状態で生まれてくることもあります。

犬の骨格(脚の動き)

犬の骨格は走ることに特化した作り犬は横に開く動きは苦手犬の骨格は縦に非常によく動く犬の骨格には鎖骨がない

犬の肢の骨格は上腕骨と呼ばれる骨が胴体まで埋まっている構造になっているので、横に開く動きはあまりできません。逆に縦には非常によく動くのでまっすぐに獲物を追いかけるハンター犬ならではの骨格と言えるでしょう。

また、犬の骨格には鎖骨がなく、これは物を掴んだり木に登ったりすることができないということでもあります。犬の肢の骨格は走ることに特化した作りになっているようです。

犬種によって肢の指の骨の骨格が異なる

犬の骨格の中でも肢は品種ごとに微妙に骨の構造が異なっていたりします。

猫足と呼ばれる骨格のある犬種

ブルテリア秋田犬ドーベルマンジャイアントシュナウザーエアーデールテリアなど

などの犬種は「猫足」と呼ばれる指の骨格をしています。これは指の骨の一番前の骨が小さく猫の足のような形に見えることからそう呼ばれます。

うさぎ足と呼ばれる骨格のある犬種

サモエドベドリンテリアスカイテリアボルゾイグレイスハウンドなど

「うさぎ足」と呼ばれる骨格をしており、これは親指以外の4本の指の内、真ん中の2本が他よりも長いという特徴を持っています。

指の間に水かきのようなものがある犬種

ニューファンドランドチェサピークベイレトリバーポーチューギーズウォータードッグフィールドスパニエルジャーマンワイヤーヘアヘアードポインターなど

指の間に水かきを思わせる皮膜があります。この犬達は水を好むという習性を持っています。

犬の骨格に関するまとめ

このように犬の骨や骨格は祖先であると言われる狼と同じように、走って獲物を捕まえるハンターに適した作りをしていることがよく分かります。犬の骨格の構造や特徴を知ると、どうやったら犬をより楽しく過ごさせてあげられるかなどがより分かるようになるかもしれません。愛犬の骨格を意識して体の動きを観察するのもなかなかおもしろいものですよ。