二人の“ハリー”がポチェッティーノ監督に感謝「新しい選手に生まれ変わった」

写真拡大

 8日、2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選の最終節が行われ、リトアニア代表とイングランド代表が対戦した。同試合に先発出場したイングランド代表FWハリー・ケインとMFハリー・ウィンクスがコメントを残している。

 ケインはPKによる1ゴールを挙げ、ウィンクスは先発フル出場で勝利に貢献した。トッテナム所属の両選手は、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の元で活躍を続けている。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』は2名のコメントを掲載。ウィンクスは「ポチェッティーノ監督は最高の指揮官で、みんな彼のことを慕っているんだ。チャンスを与えるだけじゃなくて、僕たちが必要な時にアドバイスもくれるのさ。感謝の言葉しか出ないよ。クラブでの成果が、代表での成功に繋がっていると思う。今夜、ついに夢が叶ったんだ。イングランド代表としてボールを蹴りたくてしょうがなかったんだよ」と興奮気味に語った。

 また、キャプテンとして試合に出場したケインも「ポチェッティーノ監督は選手のためにたくさんのチャンスをくれたんだ。感謝してもしきれないね。僕たちのことをいつでも考えてくれている。ハリー・ケインは彼の元で新しい選手に生まれ変わったんだ。ウィンクスもそれを感じているはずさ。彼はよくプレーしたよね。代表として相応しい選手だ。トッテナムの選手と一緒にピッチに立てるととても誇らしいよ」と同胞のA代表デビューを評している。