初戦で実力をいかんなく発揮した久保

写真拡大

U-17ワールドカップでホンジュラスと対戦した日本代表は1-6で開幕戦を大勝で飾った。
この試合、バルサの元カンテラである日本代表の久保建英がU-17W杯で大会初ゴールを決めている。

試合は中村敬斗のハットトリックもあって一方的な試合展開となったが、その中で久保は得点だけでなくアシストを2つ決め、プレーの質の高さを披露した。

日本代表は次節、日本時間11日20:30にフランス代表と対戦する。