負傷したスコドラン・ムスタフィ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間8日に2018年ロシアW杯欧州予選の試合が行われ、ドイツ代表はホームにアゼルバイジャン代表を迎えて対戦し5-1の勝利をおさめた。ただ、この試合でドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィが負傷交代している。8日に英紙『ガーディアン』が報じた。

 試合開始して36分にムスタフィが太ももあたりを負傷。マティアス・ギンターと途中交代しピッチから去っている。試合後にヨアヒム・レーヴ監督が同選手について言及し「靭帯を損傷した可能性がある。長期離脱を強いられるかもしれない」と答えた。

 ムスタフィ離脱によって影響を受けるのはドイツ代表だけではない。DFに負傷者が相次いでいるアーセナルにとっても大きな痛手となるだろう。現地時間14日に行われるワトフォード戦では、DFロラン・コシエルニーとDFカラム・チェンバースも出場できない可能性が高いとされている。

text by 編集部