男子ゴルフ米国ツアー、セーフウェイ・オープン最終日。連覇を飾り、トロフィーを掲げるブレンダン・スティール(2017年10月8日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアーのシーズン初戦、セーフウェイ・オープン(2017 Safeway Open)は8日、米カリフォルニア(California)州ナパ(Napa)のシルバラードCC(Silverado Country Club)で最終日が行われ、ブレンダン・スティール(Brendan Steele、米国)が通算15アンダーで連覇を飾った。

 3日目を終えて首位に立ったルーキーのタイラー・ダンカン(Tyler Duncan、米国)から2打差でこの日を迎えたスティールは「69」を記録してスコアを3ストローク伸ばし、2位のトニー・フィナウ(Tony Finau、米国)を2打差に抑えた。

 5度のメジャー制覇を誇るも、2013年の第142回全英オープン(The 142nd Open Championship)以降はタイトルから遠ざかっているフィル・ミケルソン(Phil Mickelson、米国)は、ラウンド終盤に首位と1打差まで詰め寄ったものの、最後はスコアを落とし、チェッソン・ハドリー(Chesson Hadley)とともに通算12アンダーの3位タイとなった。

 初日から3日目まで首位に立っていたダンカンだったが、1ホール目から3連続ボギーをたたくなどスコアを崩し、カナダのグラハム・デ・ラエト(Graham DeLaet)と並んで通算11アンダーの5位タイに終わった。
【翻訳編集】AFPBB News