大きな期待を受けるデンベレ

写真拡大

フランス代表ウスマン・デンベレは数週間前に負傷した左足の治療を続けている。試合復帰は来年1月とみられている。ボルシア・ドルトムント時代の同僚のスペインU-21 代表ミケル・メリーノが、ウスマン・デンベレについてコメントした。

『COPE』のインタビューで、メリーノはFCバルセロナがデンベレを獲得したのは正解だったとコメントした。デンベレの負傷は、バルサの高い要求に応えようと過度の練習を自分に課した為とみられている。

メリーノはインタビューで次のように語っている。「デンベレが負傷した後に、僕は彼とメッセージを交換した。負傷して嬉しい者はいない。だが、移籍直後は期待に応えようと努力し過ぎてしまいがちだ。」

「復帰してしばらくはリズムをつかむのに苦労するかもしれないが、彼の事だからやってのけるさ。バルサはデンベレを獲得して正解だったと思う。彼は非常に良い選手で、これから大きく飛躍するだろう。」