28年ぶりW杯出場決定のエジプト エースの劇的決勝PKに歓喜の嵐「神の恵み」

写真拡大

アフリカ予選コンゴ戦の後半アディショナルタイム、サラーが勝ち越し点をゲット

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選が現地時間8日に開催。

 グループEではエジプトが本拠地でコンゴを2-1で下して首位を確定させ、1990年大会以来28年ぶりの本大会出場を決めた。2得点でチームの勝利を導いたFWモハメド・サラー(リバプール)の活躍には、夢の舞台を待ちわびていたエジプトのサポーターから歓喜の声が相次いでいる。

 7大会ぶりとなるW杯出場がかかった一戦は劇的な展開だった。サラーのゴールで後半18分に先制したエジプトだが、同43分に失点して土壇場で追いつかれていた。引き分けの場合は最終節までもつれる状況だったが、後半アディショナルタイムにPKを獲得。このチャンスで会場の期待を一身に背負ったサラーがシュートをゴール右隅に沈めて、エジプトに勝利をもたらした。

 決勝ゴールが決まった瞬間、スタジアムが大歓声に包まれただけでなく、テレビ中継の実況も雄叫びを上げた。興奮したサポーターはピッチ上になだれ込み、選手とともに喜びを爆発させた。

 SNS上でもサポーターは感情を爆発させている

サラーをファン称賛「英雄」「鋼の精神」

 UAE紙「SPORT360°」では、「モハメド・サラーがW杯を待ち望んだエジプトの長い夜を終わらせ、ツイッターが爆発」と特集。ツイッター上ではエースのサラーを「神」と称える人が続出している他にも、次々と賛辞の声が投稿されている。

「スーパー・サラー、神の恵みだ」
「モハメド・サラーの決勝PKの実況を聞いたらゾクゾクせずにはいられない」
「サラーはエジプトがW杯予選で上げた7得点全てに貢献した。5ゴール2アシスト。文字通りエジプトの英雄だ」
「彼(サラーに)にバロンドールを与えてくれ」
「サラーは鋼の精神を持っている」

 1990年のイタリア大会以来、通算3度目の本大会出場となるエジプト。28年ぶりの快挙で大フィーバーが起きている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】28年ぶりのW杯出場に観客と選手が歓喜…エジプトサッカー協会が公式Facebookに投稿した「エジプトvsコンゴ」戦ハイライト

28年ぶりのW杯出場に観客と選手が歓喜…エジプトサッカー協会が公式Facebookに投稿した「エジプトvsコンゴ」戦ハイライト