アンドレア・ピルロ(左)、アントニオ・コンテ(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが、イングランドで次のキャリアを始めるかもしれない。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 現在、メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCでプレーしているピルロは、現行契約が満了となる今年12月に現役を引退する意向であることを明かした。

 母国イタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、引退を決めたピルロのコメントを紹介。その中で、イギリスメディアが特に注目する部分があったようだ。

「自分の将来はまだ決めていない。とりあえず12月にイタリアに戻る。コンテのアシスタントに? そういうことを言う人もいる。ただ、僕には自分の考えがあるんだ。まずは時間が必要だね」

 ピルロはユベントスとイタリア代表でアントニオ・コンテ監督の指導を受けている。

 イギリス『スカイ・スポーツ』は、「ピルロがチェルシー行きを否定しなかった」と伝えている。38歳の天才レジスタは、すでに引退後のことを考えているのだろうか。

text by 編集部