金正日氏の朝鮮労働党総書記推挙20周年中央祝賀大会(2017年10月9日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の平壌で8日、金正日総書記の朝鮮労働党総書記推挙20周年中央祝賀大会が行われた。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

大会には、金永南(キム・ヨンナム)、崔龍海(チェ・リョンヘ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)の各氏をはじめとする党、国家、軍隊の責任幹部が参加した。金正恩党委員長は参加しなかった。

また、平壌市内の党中央指導機関のメンバーや、朝鮮人民軍の将兵、工場、企業所の活動家、労働者、青年学生、海外同胞らが大会に参加した。

崔龍海氏が大会で報告を行い、「金正日総書記を永遠なる首班として高くいただいて最高指導者金正恩委員長の指導の下で社会主義の勝利峰に向かって突進していく朝鮮労働党の偉業は必勝不敗である」と強調した。

同日、各道、市、郡でも祝賀大会が行われたと朝鮮中央通信は伝えた。