“銀河系軍団の要”マケレレが後継者達を称賛…最高の選手にあげたのは?

写真拡大

 元フランス代表MFクロード・マケレレ氏がお気に入りの選手や自身の後継者について語った。スペイン紙『マルカ』が8日に伝えている。

 カタール系企業とサッカー界をつなぐイベント『ASPIRE4SPORTS』の記者会見に出席したマケレレ氏は、たびたび自身の後継者と名前をあげていたフランス代表MFエンゴロ・カンテをここでも絶賛。「彼は走ることを決してやめないし、常に笑顔だ。模範的な選手で、間違いなく世界最高のMFの1人だ」と称賛し、「私には違った形のリーダーシップがあった。それについてもカンテには私の姿を想起させられるね。どこに動くべきか、仲間がどう動くかを把握し必要なことを実行する。プレーで引っ張るリーダーシップだ」と語った。

 マケレレ氏は“銀河系軍団”と称された時代のレアル・マドリードに所属し、守備の要として奮闘。“マケレレロール”という言葉も生まれた。現在のレアル・マドリードも攻撃的な選手が多い中、マケレレ氏は自身のポジションで活躍するブラジル代表MFカゼミーロもお気に入りのようだ。

「ドレッシングルームを訪ねたときに少し話したけど、彼はとても素晴らしいプレーヤーだ。彼を見てるいると自分の現役時代を思い出すよ。賢いプレーヤーで、ポジショニングが素晴らしい。彼の場合はゴールを奪うこともできる。私があまりできなかったことだね(笑)」

 今まで見た中で最高の選手は、との問いにはスペイン代表MFアンドレス・イニエスタをあげ、「何でもできる完璧な選手だ」と話したマケレレ氏。現在はスウォンジーでアシスタントコーチを務めており、指導者としてのセカンドキャリアに期待がかかる。育成の現状には「監督はいるが、指導者はいない」と指摘。「今の若者は欲しがりな選手が多い。落ち着くこと、待つことの重要性を教えてあげる必要がある。若い選手たちの指導は戦術だけではダメなんだ」と持論を語っている。