パンチのきいた味に、ご飯がすすむ!/調理=きじまりゅうた 撮影=千葉 充

写真拡大

ほかにも「牛肉」を使ったレシピをチェック!

きょうで三連休も終了。明日からの週の始まりに備えて、しっかりスタミナを蓄えておきたいもの。肉も野菜もバランスよくとれ、チャチャッと炒めるだけのおかずはいかが?

合わせ調味料にちょっぴり豆板醤(トウバンジャン)を加えるだけで、味にパンチが出て、食欲もアップ! お疲れぎみのママにもうれしい手軽&時短レシピです。

 

■ 【牛肉とチンゲンサイの辛みそ炒め】

<材料・2人分>

牛焼き肉用肉150g、下味(酒大さじ1、塩少々)、チンゲンサイ小2株(約200g)、パプリカ1/2個、合わせ調味料(みそ大さじ1 1/2、酒大さじ1、砂糖大さじ1/2、豆板醤/トウバンジャン小さじ1/2〜1)、片栗粉、サラダ油

<作り方>

1.チンゲンサイは葉と軸に切り分け、葉は2cm幅に切り、軸は根元から八つ割りにする。パプリカは横1cm幅に切る。牛肉は大きければ食べやすく切り、下味をもみ込み、片栗粉大さじ1/2を混ぜ、最後に油小さじ1を加えて全体にからめる。

2.フライパンに油大さじ1/2を熱し、牛肉を並べ入れ、途中上下を返して両面を焼きつける。肉に焼き色がついたら端に寄せ、あいたところにチンゲンサイの軸とパプリカを入れてさっと炒める。

3.野菜に油がまわったら合わせ調味料を加え、チンゲンサイの葉も加えて、汁けをとばしながら炒め合わせる。

(1人分346kcal、塩分2.3g、調理時間15分)