7日、韓国・サムスン電子が開発中の折りたためるスマートフォン「ギャラクシーX」が来年韓国で限定販売されるとの見通しが出てきた。この報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2017年10月7日、韓国・マネートゥデイによると、韓国・サムスン電子が開発中の折りたためるスマートフォン「ギャラクシーX」が来年韓国で限定販売されるとの見通しが出てきた。

米国IT専門メディア「PhoneArena」は6日、「サムスン電子がギャラクシーXを来年韓国で発売した後、19年には世界展開を検討している。来年は、まず10万台程度韓国で販売するだろう」とし、来年の米国ラスベガスで開催される家電ショー(CES)で初公開される見込みであることを伝えた。

サムスン電子の関係者は、これに対し「折りたたみスマートフォンを開発中なのは確かだが、発売時期や地域などはすべて未定」と述べている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「折りたたんだら、かさばるな」「もし販売されても、最初の製品は買わない方がよさそう」「韓国でベーターテスト(不具合確認試験)するのか」「売れるのか」「折れ曲がった部分の表示は問題ないのかな」など、消極的な意見が多く寄せられた。

その一方で、「ノート8を買ってしまった。それって、いくらするんだろう」と、購入を希望する声もみられた。

その他に、「似たようなニュースが毎年出ているような気がするが、今回は本当か?」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)