欅坂46、ひらがなけやき2期生が『けやかけ』に初登場 個性を発揮した新メンバーは?

写真拡大

 欅坂46のメンバーがアイドルとして成長していく姿を見ることができるバラエティ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)。10月8日放送分では、「ひらがなけやき2期生さん、いらっしゃーい!」がオンエアされた。今回の企画では、8月15日に新たに加入したけやき坂46の2期生メンバー9名がスタジオ初登場。

参考:欅坂46など手掛ける振付師・ダンサーTAKAHIRO、異端のキャリアとダンス論を語る

 メンバーも初対面となる金村美玖は、自己紹介動画にて得意のアルトサックスを披露した後にスタジオに登場。アンケートの「好きな音楽&歌手」には「欅坂さん」と答え、推しメンに尾関梨香を挙げると本人は「想像もしてなかった」と驚いた様子。それにMCの土田晃之、澤部佑(ハライチ)も「俺も! 俺も!」と共感しスタジオが笑いに包まれた。金村は尾関の長所を「自分には持ってない大らかさ、テレビを見ている側にも伝わってくる……なんか可愛いんですよ」とコメントし、尾関の“可愛いところ”である走り方を見せることに。しかし、尾関も恥ずかしさからか控えめな走り方で澤部から「抑えてんなだいぶ!」とツッコミを入れた。

 ピアノが得意な河田陽菜は、「誰にも理解されないけど、私だけが好きなこと」に「外の匂いを嗅ぐ」と答え、「窓を開けると、外の匂いがするので、その匂いを嗅ぐのが好きです」と補足すると、菅井友香が「めっちゃ分かる! 初めて(共感できる人に)会いました」と反応。澤部が「新手の後輩潰しの可能性もあるけどね」と菅井によるエピソードの横取りの可能性を示すと、菅井が必死に否定する場面もあった。「欅坂46、けやき坂46で一番似ていると思うメンバー」には、性格の似ている佐藤詩織、容姿が似ている齊藤京子を挙げ、「話の着地点がない」という佐藤の特徴を話すと、土田から「佐藤さん! 後輩にイジられてますよ!」と指摘が入った。

 小坂菜緒は、兄が考えたというキャッチコピー「大阪、小坂、欅坂、3本坂を全力で駆け上がります!」を披露した。エピソードに度々兄が出てくることから、土田が小坂の兄は欅坂46のファンと考察。すると小坂は、兄の話に出てくるのが上村莉菜、齊藤京子、平手友梨奈であることを明かす。すると、なぜか平手が爆笑し始め、澤部が「なんでお兄ちゃんに推されていたら爆笑なの? なんかお兄ちゃんにメッセージはある?」と促すと、平手は笑みをこぼしながら「ありがとうございます」と会釈した。

 「胎児の時からワチキはパリピ!」と威勢のいいキャッチコピーでスタジオメンバーの心を掴んだ富田鈴花は、ニックネームが「パリピちゃん」。土田が「うちのグループにもね、勢いで生きているタイプが」と高本彩花を指すと、富田も「ノリで生きている感じが(似ている)」と答える。しかし、高本は「私、現役じゃないんで」と“元パリピ”であることを主張した。また、守屋茜、加藤史帆、石森虹花、渡邉理佐の握手会に行ったことがあるというエピソードでは、守屋に「どうしてそんなに綺麗なんですか?」と質問した際に、「努力だよ!」と返ってきたことを明かすと守屋は赤面。「『そんなことないよ』って言ったら終わりじゃないですか。たぶん、その奥を聞きたいんだろうな」と守屋は発言の意図を説明した。

 次回、10月15日の放送では、「ひらがなけやき2期生さん、いらっしゃーい!後半戦」をオンエア予定だ。(向原康太)