名手イニエスタが認める「レジェンド4人」 “怪物”や“英雄”と並び元Jリーガーも選出

写真拡大

お気に入りのレジェンドを選出 GKには日本代表FW岡崎の同僚の父親をノミネート

 バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、所属するバルセロナと生涯契約を結び、残りのキャリアを愛するクラブに捧げることが決まった。

 そんな歴代屈指のゲームメーカーが、セクション別に自身のお気に入りのレジェンドを選出。かつて日本でプレーした元Jリーガーも名を連ねた。

 イニエスタはバルサ公式YouTubeチャンネルの「My TOP 4 LEGENDS」企画に登場。GK、DF、MF、FWの各セクションから、一人ずつ自身のお気に入りのレジェンドを選ぶという趣旨だ。

 GKは元デンマーク代表のピーター・シュマイケル。日本代表FW岡崎慎司がプレーするレスター・シティの守護神、キャスパー・シュマイケルの父親として知られるが、1991年からプレーしたマンチェスター・ユナイテッドでは、リーグ優勝5回、FAカップ優勝3回、UEFAチャンピオンズリーグとリーグカップを1回ずつ獲得した。トレブル(三冠)を達成した際にはキャプテンを務めている。

 イニエスタはシュマイケルを「歴代GKの中でもグレイトな一人」と称し、「僕が若い頃、彼には常に魅了させられた。セービング、強さ、すべてのレベルが高い。一緒にプレーしてみたい偉大なGKの一人だ」と選出理由を説明した。

同じMFには元Jリーガーのラウドルップ選出

 続くDFには、元イタリア代表の英雄パオロ・マルディーニを選んだ。25年間と長きに渡ってACミランのバンディエラ(旗手)として君臨。イタリア代表でもFIFAワールドカップ(W杯)で2大会連続キャプテンを務めるなど、絶大な存在感を放った。「キャリアをナショナルチーム、クラブのタイトル獲得のために捧げた選手。ドレッシングルームで時間を共有したかった」。イニエスタもバルサ一筋を貫いており、選手としての生き様に共感する部分があったようだ。

 そして、MFの枠を射止めたのは元デンマーク代表ミカエル・ラウドルップだ。ユベントスに4年間在籍した後、1989年にバルセロナに移籍。94年にはライバルチームであるレアル・マドリードへ“禁断の移籍”を果たしたことでも注目を集めた。1996年からヴィッセル神戸(当時JFL)に加入し、Jリーグ昇格に貢献するなど、日本で2年間プレーしたことでも日本のサッカーファンにとっては馴染みの深い選手と言えるだろう。イニエスタは「プレースタイルが好きで、僕のアイドルの一人」と話し、「彼と一緒にプレーすることは考えられない。たとえ短い時間であってもね」と大きな存在であることを明かした。

 最後のFWには、元ブラジル代表ロナウドが収まった。イニエスタ曰く「彼は世界でベストな選手の1人だと思う」。圧倒的な決定力で世界にその名を轟かせた“怪物”は、1996-97シーズンに1年間だけバルセロナでプレー。34得点でリーグ得点王に輝いたが、同年にバルサ下部組織の門戸を叩いたイニエスタにとってもその姿は印象的だったようで、「96年、彼は強烈なインパクトを残した。数々のものを勝ち取ったし、プレーをした全てのチームに違いをもたらせる選手だった」と絶賛している。

 バルサとスペインサッカーの歴史において眩いばかりの輝きを放つイニエスタも、自身が選んだ「レジェンド」たちに肩を並べる日はそう遠くないだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images