日本で一、二を争う大学といえば、東京大学と京都大学。

私を含めた多くの人にとって、東京大学や京都大学は、「非常に賢い大学」という認識ですよね。

しかしながら、イギリスの教育専門誌Times Higher Education(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」で先月5日に発表された「世界大学ランキング2018」では、日本の大学が大きく順位を落とし、衝撃が広がっています。

引用記事:東大46位、京大74位…アジア1位も程遠い「世界大学ランキング」に衝撃が広がる

この世界ランキングにおいて、200位以内にランクインしたのは46位の「東京大学」と、74位の「京都大学」の2校のみ。

東京大学は昨年の39位から7ランクダウンし過去最低の順位となりました。

東京大学が順位を下げたのは、研究資金の不足や中国などアジアの大学が急速に順位を上げていることが主な原因と分析されています。

ちなみに、1位はオックスフォード大学(英)、2位はケンブリッジ大学(英)、3位はカルフォルニア工科大学(米)とスタンフォード大学(米)。10位のチューリッヒ工科大学(スイス)を除き、トップ20をイギリスとアメリカの大学が独占しています。

結果を受けて、ネット上には「ちょっとヤバくないか?」「転落する一方…」「今後のノーベル賞は、日本人では厳しいのでしょうか?」「国が教育にお金かけないと衰退するよね」など日本の未来を危惧する声があがっています。

まあ、それでも、私を含む多くの人にとって、東大・京大は雲の上の存在であることに変わりはないのですが…。

【関連記事】
【マンガ】iPhoneカップルにありがちなことを考察してみた!

【マンガ】会社に行きたくない…雨の日にサラリーマンがやりがちなこと

【マンガ】「よくスタバにいるカップル」と「頼みがちなメニュー」を考察してみた

【【マンガ】盗まれたり失くしたり…バカにならない梅雨の傘代

【会社に行きたくない…GW明けに陥りがちな「五月病」

【マンガ】市民が通報…消防車で「うどん店」に立ち寄った消防団員

【マンガ】高速道路で「ICを行き過ぎた」ときの対処方法

「あの」ディズニーも例外じゃない!待遇改善しないと人が来ない近年のサービス業

就活生に伝えたい「ブラック企業の見極めポイント」

【マンガ】実は今も1億枚が流通!発行から17年を迎えた2000円札