ベシクタシュ、伝統にモダンを取り入れた2017-18新ユニフォーム

写真拡大

2016-17シーズンのトルコ1部リーグ、シュペル・リギを優勝してリーグ2連覇を達成したベシクタシュ。これにより2シーズン連続でチャンピオンズリーグ本戦の出場となった。

シェンク・トスン、アンデルソン・タスリカ、ヴァンサン・アブバカル、リカルド・クアレズマらアタッカー陣は爆発的な破壊力を誇り、昨シーズンはリーグ最多の73得点を記録。また欧州の舞台でも劇的なゴールを生んでいる。

シュペル・リギ、チャンピオンズリーグとも好調な今季のユニフォームは7月にホーム、アウェイ、サードの各キットが発表された。

今シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Beşiktaş 2017-18 adidas Home

クラブの伝統であるホワイトを基調にダイヤモンドのグラフィックパターンを取り入れた、伝統とモダンの融合的なデザイン。スリーストライプスは脇部分に配した。

胸の中央にはトルコ国旗をかたどったシュペル・リギのチャンピオン・パッチをプリント。

背面のスポンサー“BEKO”(トルコの家電ブランド)は、1980年代からベシクタシュのスポンサーを続けている。

パンツとソックスはともにホワイトを基調に、差し色をブラックで彩った。パンツのエンブレムが左側なのは珍しい。ソックスにはクラブ創立年“1903”のグラフィック入り。

チャンピオンズリーグ用のユニフォームは、UEFAの規定により背面スポンサーは入らない。背番号の上には選手名をプリント。

【次ページ】アウェイはストライプ、サードはグレー

Beşiktaş 2017-18 adidas Away

ブラックとホワイトのストライプは、ホームキットのホワイトと同様にベシクタシュでは伝統的なデザイン。このストライプ柄がホームキットとして使われることもある。胸のスポンサー“vodafone”は世界的な携帯キャリア。

前面は完全なストライプだが、背面はネームナンバー部分をブラック単色にしている。これにより、CLなどで使用する際の「背番号部分は1色」というUEFAの規定はクリアできる。

パンツとソックスはブラックが基調だが、試合によってはホワイトのパンツを着用する場合もある。

Beşiktaş 2017-18 adidas Third

サードキットは2013-14シーズン以来となるグレー。袖部分にはダイヤモンドのグラフィックパターンをデザインした。

袖のスポンサー“Kalde”はトルコの配管資材メーカー。パンツとソックスはシャツと同じグレーを基調に、差し色はトルコ国旗色のレッドとホワイト。グレーの生地にレッドのスリーストライプスが際立つ。