白井健三【写真:Getty Images】

写真拡大

メダル3つ…内村負傷も日本牽引「先輩方について行ってた今までとは全く違う世界選手権」

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は8日、種目別決勝が行われ、男子跳馬で白井健三(日体大)が14.900点をマークし、金メダルを獲得。個人総合(銅メダル)、種目別床運動(金メダル)と合わせ、3つのメダルを獲得した「ひねり王子」は「今までとは全く違う世界選手権。色々感じました」と今大会をツイッターで振り返った。

 躍進の大会が終わった。白井は最終日に行われた種目別の跳馬で14.900点をマーク。2位とわずか0.001点差の“最少得点差V”で同種目では日本勢39年ぶりの金メダルを獲得した。

 今大会は個人総合に初出場。予選で負傷棄権したエース内村航平に代わり、決勝でも奮闘し、銅メダルを手中に収めた。21歳となり、男子体操界においても十分な存在感を発揮した。

 白井は大会終了後に「世界選手権終わりました」とツイッターで報告。「先輩方について行ってた今までとは全く違う世界選手権。色々感じました」と心境を明かした。

「でも間違いなく言えることは、練習した分だけ試合は気持ち良くできる。ということ!」

 その上で「でも間違いなく言えることは、練習した分だけ試合は気持ち良くできる。ということ! 今回はこれをすごく感じました!」とつづった。得たものは、紛れもなく大きかったようだ。

 最終日には、女子床を制した村上茉愛とともに日体大の僚友と表彰台の真ん中に上った。「そして日体でゆかアベック優勝」と記し、「みなさん応援ありがとうございました」と声援に感謝していた。

 画像には、金メダルを提げた村上との写真や兄貴分として慕う内村との2ショット写真などが掲載されている。

 内村を欠く中、体操ニッポンの旗印として確かな存在感を放った白井。モントリオールの地で掴んだ収穫を手に、大目標の東京五輪へ向け、さらに成長していく。