一見すると普通のカバンが"スマート”バッグな5つの理由

写真拡大 (全10枚)

アメリカのクラウドファンディングサイトKickstarterで24時間以内に目標金額を達成したという人気のバッグ「Mexxenger」が、この度、日本のクラウドファンディングサイトMakuakeでも受付を開始しました。

一見すると普通のバッグに見える「Mexxenger」ですが、その人気の秘密は“スマート”なところ。何が“スマート”なのか、その理由をご紹介します。

〇箸な自由自在

「Mexxenger」はブリーフケース、ショルダーバッグ、メッセンジャーバッグとスタイルチェンジが “スマート”。ショルダーストラップはドイツ特許のマグネットタグでカンタンに取り外し可能。ストラップの長さ調整もスッとラクラク。他にも独立して使えるカメラ用インナーバッグやシームレスの防水インナーバッグを付属しているので、ビジネスからプライベートな趣味まで幅広くカバーしてくれます。

 

∋箸ぞー蠅領匹ぜ納

ノートパソコン収納スペース、背面・サイドポケット、小物収納に便利なアッパーポケットや、本体を壁にかけて両サイドのファスナーを開ければ全開に広げられるメッシュポケットなど、必要なものを整理しやすい充実した収納もうれしいポイント。もちろん出張や旅行にも持っていけるよう、スーツケースの持ち手に取り付けることもできます。背面からメインコンパートメントにアクセスできるのも“スマート”ですね。

 

スマホの充電も!

近年“スマート”といえばスマホを連想する人も多いハズ。なんと、専用のポケットにワイヤレス充電器を入れておけば、Qi対応機種、またはQi対応ケースをつけたスマホをポケットに入れるだけで充電できるんです!ケーブルを使用せずにバッグの中で充電できちゃうなんて、これはまさしく“スマート”です!

 

ぅ魯ぅ謄かつエコ素材

「Mexxenger」はビジネスでもプライベートでも毎日使えるスグレモノバッグ。となると気になるのはその素材。内部はペットボトル回収繊維を、底はタイヤチューブをリサイクルして使用しています。本体にはセイルと同じ素材を採用し、防水ファスナーは台湾で特許をとった製品を使っています。頑丈さと環境への優しさを兼ね備えているところも“スマート”。

 

ゥ好沺璽肇妊スプレイ

フラップ表面にはスマートバッジシステムを搭載。マグネットタグでモバイルバッテリーやスマートバッジをつけられます。

スマートバッジとは技術基準適合証明マークを取得した3つの機能を搭載したLEDディスプレイ。Bluetoothで専用リモコンと接続することで、自転車に乗っている時のウィンカーとして使えます。手信号をすることなく後方に進行方向を知らせることができるので安全ですね。他にも専用アプリのセキュリティモードをオンにすることで「Mexxenger」と携帯電話の距離が3メートルを超えたときにアラームで知らせてくれる紛失防止アラーム機能や絵文字機能も搭載しています。また、将来的にはアンビエントライトやカメラなどの拡張機能を追加予定とのことで、あらゆる可能性を広げてくれそうな予感。

そのすべてが“スマート”な「Mexxenger」、カラーは黒と茶色の2色展開。サイズは13インチノートパソコン対応の13と、15インチノートパソコン対応の15の2種類、それぞれショルダーストラップはスピーディーな長さ調節を可能とするパッド付きとなしが選べます。価格は2万9800円から受付中。Makuake受付開始から1時間以内に目標金額を達成したことからもその期待度がうかがえる「Mexxenger」、要チェックです!

>> Makuake「Mexxenger」

 

(文/&GP編集部)