リヴァプールのコウチーニョ photo/Getty Images

写真拡大

今夏はバルセロナ移籍に関する話題で大きな注目を集めたが、リヴァプールがMFフィリペ・コウチーニョを残留させたのは大きかったと言えるだろう。

コウチーニョはレスター・シティ戦で直接フリーキックを決めたり、ニューカッスル戦では見事なミドルシュートを決めるなど躍動。遠い位置から放つシュートの精度は年々高くなっており、膠着した試合展開を打破するうえでコウチーニョの存在は欠かせない。

クラブ公式サイトによると、エムレ・チャンもチームメイトであるコウチーニョを絶賛している。チャンはドイツ代表でも優秀な選手たちとプレイした経験があるものの、コウチーニョほどの才能を見たことがないと称賛。また、ピッチを離れても気遣いのできる人だとコメントしている。

「彼のような才能を持つ選手は見たことがない。彼は全てを持っている。ボールを持てばアメイジングだ。彼と対峙するのは非常に困難だね。彼は得点を奪える。ボールを持てば何でもできるんだ。みんな彼がどれほど良い選手か分かっている。同じピッチに立ててラッキーだよ。ピッチ外でも同様だね。彼はリーダーだ。僕が加入した時には助けてくれたし、他にも新しい選手が来た時は彼が手助けしているんだ」

コウチーニョには未だに移籍の噂があり、近いうちにリヴァプールを離れてしまう恐れはある。チャンもその才能を絶賛している通り、リヴァプールにとってコウチーニョが抜ければ大打撃となるのは間違いないだろう。