涼しくなってくると、こってりしたものがなんとなく食べたくなってくるのは私だけだろうか。夏場はちょっと敬遠していたてんぷらやすき焼き(贅沢ですな)、そんな食べものが突然恋しくなる。それから、なんと言っても、甘辛く味付けした煮物がおいしくなってくるのも秋ではないだろうか。というのも、秋といえば新米。炊きたての新米+甘辛いおかずって、最強の組み合わせですよね。てんぷらやすき焼きもモチロンいいけれど、とりあえず簡単に作ることができるおかずということで、今週は、てりやきチキンの紹介だ。

鶏もも肉は軽く塩こしょうし、多めに油を加えたフライパンで、皮からしっかりと中火で焼き上げていく。フライパンにフタをして数分焼き、皮がパリパリになったところで裏返す。裏返してから再び数分、少しだけ火を弱めて焼いていく。中までしっかりと火が通ったら、今度は、醤油、砂糖、みりんを合わせた、合わせ調味料をフライパンに注ぎ、鶏肉の表と裏に丁寧に絡めながら煮詰めていく。合わせ調味料が煮詰まって、鶏肉にきれいな照りがついたらそこで終了だ。

この時の合わせ調味料、私は簡単に1:1:1にしている。つまり、すべて同量。鶏肉1/2枚(1人前)であれば、すべて大さじ1で。もちろん、好みに合わせて調節してもらえばいい。甘い味付けが好きな人は砂糖を増やしたり、逆にあまり甘いのが好きでない人は砂糖を減らすなど、自由に調整してほしい。

付け合わせは、その時に冷蔵庫の中にある野菜で充分。鶏肉を焼いている間にレンジで調理してもいいし、さっと茹でてもOK。残り物の野菜をきれいに片付けるときも便利なメニューだ。贅沢したいときは目玉焼きもどうぞ。てりやきチキンと新米、そして具だくさんのお味噌汁があれば、完璧! お弁当にもGOOD!

材料 (2人前)

鶏もも肉 1枚

醤油 大さじ2

みりん 大さじ2

砂糖 大さじ2

付け合わせの野菜 お好みで適宜

♦【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック