糖質カット&グルテンフリー! 材料は「卵だけ」の簡単ケーキ

写真拡大 (全13枚)

いまやダイエットの定番となった、糖質制限ダイエット。最近では牛丼屋にラーメン屋、お寿司屋までも糖質制限メニューを導入するほどの人気ぶりです。糖質が多い炭水化物をほかのものに置き換えるだけなので、手軽に実践できるうえ、ガッツリ食べたい男性にもうれしいダイエット法ですね。

でも正直、炭水化物を我慢するのって、結構つらいですよね。ダイエット中だって、きちんと食事は楽しみたいものです。

そんなときに発見したのが「卵ケーキ」。これ、何がすごいかって材料は本当に卵だけ。小麦粉はもちろん、砂糖や塩などの調味料すら使っていないんです! サイズにもよりますが、卵1個あたりに含まれる糖質はわずか0.3グラムほど。主食のパン代わりにすれば、糖質はグッと抑えられそう♪ということで、早速作ってみました!

■混ぜて焼くだけ!作り方は超シンプル

卵を卵黄と卵白に分け、白身はメレンゲに。作ったメレンゲを黄身と混ぜたら、あとは焼くだけ!と作り方はとっても簡単。ネット上にさまざまなレシピがありますが、今回は管理栄養士の金丸絵里加さんのものを参考にさせていただきました。材料と必要な道具はこちら。

<パウンドケーキ型(10×20cm、高さ7cm)1個分の材料>
●材料
卵……4個

●道具
・ボウル……2つ
・ハンドミキサー
・ケーキ型
・クッキングペーパー

<作り方>
(1)卵を卵黄と卵白に分ける
卵を割り、卵黄と卵白を別々のボウルに分けます。作業が苦手な方は、卵黄と卵白を簡単に分けられる「エッグセパレーター」というものが100円ショップで売られているので、そちらを活用してもいいかもしれません。ちなみに、水気や油が混じると卵白が泡立ちにくくなるのだそう。ボウルやハンドミキサーはきれいに洗って、乾燥させたものを使いましょう。

(2)メレンゲを作る
卵白を角が立つまでしっかりと泡立て、メレンゲを作ります。泡立て器でもできますが、大変なのでハンドミキサーがおすすめです。

(3)少量の卵黄とメレンゲを混ぜてマヨネーズ状にする
ひとすくいのメレンゲを卵黄のボウルに加えて、ハンドミキサーの速度を高速にして、とろりとするまで混ぜます。マヨネーズ状になったら、低速に切り替え2〜3回混ぜます。

(4)残りの卵白を加えて混ぜる
残りの卵白を全部入れて、中速で混ぜ合わせます。最後に低速で2〜3回混ぜましょう。これで生地は完成。型に流し込みます。

(5)オーブンで焼く
生地を型に流し込んだら、すぐにオーブンへ。少しでも時間を置くと泡がしぼんでしまうのだそうです。オーブンはあらかじめ庫内を180℃に予熱しておきます。型は、クッキングペーパーを敷いておくと、焼きあがったときに型にくっつきづらくなるのでオススメです。今回はオーブンがないので、オーブントースターで代用!180℃で20分ほど焼いていきます。

(6)焼けるのを待つ
6、7分もすると、ほんのり表面に焼き色が!オーブントースターの場合は熱源が近いので、表面が焼きあがってきたらアルミホイルをかぶせて焦げを防止。じっくり中まで火を通します。

▲様子を見ながら、焦げないようにアルミホイルで覆う

(7)焼きあがり!
焼きあがりはふんわりしていて、いい感じ!粗熱が取れるまで型のまま冷まします。

卵のほんのりとした黄色い生地が、なんとも愛くるしい! 見た目的には、本当にケーキとかパンみたい。

しかし、ここで問題が……いざカットしてみると……

ふんわり焼きあがっていたのに、切った瞬間なぜかしぼんでしまいます。包丁の圧なのか……。悔しかったので3回ほど再チャレンジしましたが、ふんわり仕上げることはできませんでした。上手に膨らませるのは、少し難しいのかもしれません。

■素朴な味わい!アレンジは無限大

とは言え、せっかく作ったので試食! ほんのり香ばしく、砂糖も塩も何も入れていないので、卵の風味がダイレクトに伝わります。卵風味の蒸しパン、といったところでしょうか。このまま食べるには味気ない感じですが、逆に言えばアレンジ力は抜群!自分好みにカスタマイズしてみましょう!

ハム、レタス、チーズ、トマトを挟んで、サンドイッチに! パンの代わりに使えば、糖質OFFで安心して食べられます。具材の味をまったく邪魔しないので、何を挟んでも合いそうです。

ちょっとだけ糖質制限中、という方にはジャムやヨーグルトとの組み合わせもオススメ。こちらはブルーベリージャムを乗せています。もちろん、ジャムののせすぎは禁物です!

生地に湯煎したチョコレートを混ぜれば、チョコレートケーキに!チョコレートなのでカロリーや糖質には注意したいところですが、普通のチョコレートケーキよりは糖質も低そうだし、罪悪感なくパクつけます! 今回はブラックチョコを使用していますが、ココアパウダーでも良さそうです。しっとりしていて、これが一番美味しかったかも。こんな風に、生地に好きな材料を混ぜて作れば、ダイエット中でも食の楽しさが広がりますね!

そのままでケーキとして美味しくいただく……というワケにはいかないかもしれませんが、パン代わりの主食として、小腹を満たすおやつとして、活躍の幅は無限大です!卵ケーキは、糖質制限ダイエットをしている方の強い味方になってくれること間違いなしですね。

 

(取材・文/浅野 智恵美)


あさのちえみ/ライター

ウェブ制作会社にて、ディレクター及びライターを経験後、フリーランスに。コンテンツ企画を得意としています。趣味はフェス・ライブ参戦とヘアカラー。知らない道を歩くのが大好きです。