本人謙遜も乾貴士の突破は武器に【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

 乾貴士はニュージーランド戦に途中出場して好印象を残した。もともと持っていた自身の武器に経験が加わり、チームのために戦う存在になっている。ハイチ戦は先発濃厚だ。(取材・文:元川悦子)

------

NZ戦で見せた打開力は新たなオプションに

 2018年ロシアワールドカップ本番への本格的サバイバルの第一歩となった6日のニュージーランド戦(豊田)で、決勝点を挙げた倉田秋(G大阪)、守備で奮闘した槙野智章(浦和)らとともに好アピールを見せたのが、後半25分からピッチに立った乾貴士(エイバル)だった。

「この前も言いましたけど、ヨッチ(武藤嘉紀=マインツ)があれだけ裏を走って相手をバテさせてくれたことが大きかった。自分はフレッシュな状態で入れましたし、2点目につながって勝てたのはすごくよかったですけど、自分自身としてはそんなに大きく評価はしてないです」

 10日のハイチ戦に備え、試合会場である横浜市内で8日に非公開で初練習を行った後、乾は努めて謙虚な物言いを見せていた。

 それでも、タテ関係に位置する長友佑都(インテル)との連係は目を引くものがあった。長友がタテへのボールを出して乾のドリブル突破力を引き出したり、乾に預けて長友が背後を上がったりと、2人のコンビネーションは相手にとって脅威になっていた。

「乾みたいなボールを持てる選手が後から入ってくることによって、引いた相手でも崩せるオプションになる。ニュージーランドが引いて5バックになり、中も固めている状況で最終的に点が取れたのも、乾がすごいチャンスも作っていたから。相手の運動量も減ってバテてる中で、彼のような選手が出てくると引いた相手を崩せるし、チャンスも増えるんじゃないか」と長友も乾の個人能力が今後の日本代表攻撃陣のカギになると公言していた。背番号14をつける技巧派アタッカーは指揮官に再招集された今年6月以降の短期間でそれだけ存在感を高めているのだ。

 そもそも乾が際立った打開力を持った選手ということは、「セクシーフットボール」で一世を風靡した野洲高校時代からよく知られていた。2007年にプロ入りした横浜F・マリノスでは分厚い選手層に阻まれたが、2008年6月に期限付き移籍した当時J2のセレッソ大阪では香川真司(ドルトムント)とのコンビでブレイク。弱冠20歳だった2009年1月のイエメン戦(熊本)で国際Aマッチデビューも飾った。短時間の出場で「今日はせっかくチャンスを与えられたのに、それを十分生かすことはできなかった。A代表の定着はこのままだと厳しい。もう一度、1から頑張りたい」と本人は不完全燃焼感を吐露したものの、同世代の香川や内田篤人(ウニオン・ベルリン)らとともに一気に代表の階段を駆け上がっていくと目された。

経験で理解した本質。大人への変貌

 ところが、岡田武史監督からはその後1回チャンスを与えられただけで2010年南アフリカワールドカップには行けなかった。アルベルト・ザッケローニ監督時代も最終予選から2013年コンフェデレーションズカップ(ブラジル)まではたびたび招集されながらブラジル本大会に手が届かなかった。この頃、代表での左サイド起用に苦悩していた盟友・香川が「乾の方が左サイドとしていい形を持ってる」と評するほど、スピードあるドリブルは傑出していた。それでも2度続けて世界舞台に行けなかったのは、自身の代表に対する向き合い方に多少なりとも問題があったと本人は感じている様子だ。

「やっぱりワールドカップは出てみたいところだし、それは変わらない。だけど、若い頃は『アピールしないと』とか、『監督の言ってることをやらないと入れない』とか、そういうことを今より考えていた。それで力んだり、空回りした部分があったと思います」と乾は未熟だった自身を述懐する。

 その後、フランクフルトからエイバルに赴き、バイエルン・ミュンヘンやレアル・マドリードやバルセロナといった世界トップクラブと対峙する中で、「強い相手には個の力だけでは勝てない」と痛感させられた。その厳しい現実を目の当たりにして、代表に取り組む意識も確実に変わったという。

「『自分の力の限界』って言ったらダメかもしれないけど、個人でやるところの限界は感じているので、個人よりチームでどう崩すか、どう守るかの方が大事になってくる。そこを高めていくことが重要ですね。それに今はワールドカップに入るためにどうするかとかは考えてない。『選ばれた時に頑張ろう』『入った以上はチームをどうやったらレベルアップさせられるのか』と考えているので、自分が入る入らないはそんなに気にしてないですね」と乾は自分のエゴを捨てて、日本のために、チームのためにという思いを第一にするようになったことを明かす。

 確かに、今年6月のシリア(東京)・イラク(テヘラン)2連戦で2年3カ月ぶりにザックジャパンに再招集された時、乾からは肩の力が抜け、言動にも余裕が感じられるようになった。年下の井手口陽介(G大阪)らに対しても「むしろ自分の方が引っ張っていってもらっている」とリスペクトの念を口にしていて、チーム全体を盛り上げようという気持ちも随所に見て取れる。29歳になった乾貴士は今の代表では川島永嗣(メス)、長友、槙野に続く上から4番目の年長者。キャリアを重ねて広い視野でサッカーを見渡せる大人のフットボーラーへと変貌したのは間違いない。

よりクレバーに。スタメン奪取へ

 だからこそ、日本がロシアで躍進するために「チームでの崩しを突き詰めていくこと」の重要性を改めて強調する。

「今はまだチームでどう崩していくのかがハッキリしてないところがある。同じ攻め方だと守られやすいので、攻撃に幅をつけたり、いろんなパターンを加えたりしないといけないと思っています。本大会には引いた相手、守りにくる相手だったり、いろんなチームがいる。その時にどう対応するかはもちろん選手個人が考えないといけないけど、チームとしてどう合わせていくかも大事になる。これからみんなとより話をして合わせていきたいですね」と乾は自らアクションを起こして問題解決にあたる意向を持っている。

 さしあたってハイチ戦だが、前回からの試合間隔の短さを考えると、メンバーがガラリと変わる可能性が高い。最前線は武藤か杉本健勇(C大阪)は判断しかねるものの、両サイドアタッカーは浅野拓磨(シュツットガルト)と乾の先発が濃厚。8月31日のオーストラリア戦(埼玉)のコンビ再結成で頭から迫力を出していきたいところだ。

「途中出場と先発は役割が違う。途中出場だとより攻撃のことを考えられるし、自分の特長を出すことが大きな仕事。でも先発だとチームバランスとか、流れとか、守備の役割とかはより考えないといけない」と本人も言う。ここ最近はジョーカー的な印象が強いが、「スタメンでも十分行ける選手」だと再認識してもらえるように、乾貴士にはクレバーさとメリハリを示してもらいたい。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子