チェルシー、引退表明のピルロに触手!? コンテとの再会が望まれるも…

写真拡大

▽今シーズン限りでの現役引退を発表した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(38)に対して、チェルシーがコーチ契約を考えているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽現在、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティでプレーしているピルロは8日、現行契約が満了する12月をもって現役を引退することを示唆した。

▽ブレシアユースの同選手は1998年にインテルに移籍。当時トップ下でのプレーでポジションを確保できなかったが、その後2001年に加入したミランでカルロ・アンチェロッティ監督の下、アンカーとして素質が開花。世界屈指のレジスタとしてミランを支え、2度のチャンピオンズリーグ制覇やセリエA優勝を経験した。2011年にはフリーでユベントス入り。ここでもチームをオーガナイズする役割を与えられ、4年連続となるセリエA優勝などを成し遂げた。

▽また、イタリア代表としては2015年に引退するまで116キャップ(歴代4位タイ)を記録。2006年のドイツ・ワールドカップを制覇するなど輝かしい功績を残している。

▽そんなピルロに対してチェルシーはコーチ契約を打診している模様。ユベントス時代に師弟関係だったアントニオ・コンテ監督の補佐を務めてもらいたいと考えているようだ。

▽しかしピルロ自身はこの報道に否定的なコメントを残している。現役を退くことは決めているものの、その後については時間をおいて考えたいと感じているようだ。

「私自身、私の未来はわからない。ただ、12月になってイタリアに戻ることだけは決まっているよ。コンテのアシスタントを務めるか? そう言われていることは知っているけれど、どちらにせよ考える時間が必要なんだ」