先発でも切り札でも巧みな“ギアチェンジ”で輝く乾 ハリルJの課題は「攻撃の幅」と指摘

写真拡大

ハリルJのアタッカー陣で序列“急上昇” NZ戦でも決勝点をお膳立て

 ロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦(2-0)以降、MF乾貴士(エイバル)の存在感が増している。

 10月6日に行われたニュージーランド戦でも、途中出場から決勝点の起点となった。追い風に乗るなかで自らの序列を冷静に見極めつつ、乾は攻撃面の向上をポイントとして挙げている。

 ニュージーランド戦では1-1の状況で投入されると、左サイドで対面の相手を幻惑するドリブル突破を立て続けに披露。最終的にはMF倉田秋(G大阪)の決勝点につながるクロスを送り込んだ。「よっち(武藤嘉紀/左ウイングで先発し乾と交代)があれだけ走って相手をバテさせてくれたことが、僕にとって大きかったですね」と謙遜しながらも、ピッチに送り出されるタイミングの違いをこのように口にする。

「途中出場と先発では役割が違うと思う。途中出場だと、より攻撃のことを考えられますし特長を出すというのができるし、そこで貢献するということが大きな役割になってくる。でも先発にはチームのバランスや流れとか、守備の役割とか、そういうところを途中出場の選手よりも考えなきゃいけない」

 言わば“ギア比”を変えて試合に臨むようなイメージだろうが、ここ最近の乾はそのバランスに優れている。ニュージーランド戦と対照的に、先発したW杯最終予選オーストラリア戦では積極果敢な前線からのプレスで、守備で多大な貢献をしたのは記憶に新しい。

「同じ攻め方だと守られやすいので…」

 とはいえ、乾最大の持ち味は確かな足技によるトリッキーな仕掛け。そして周囲とのコンビネーションだ。アタッカーだけに、チームをさらにレベルアップさせるためには、やはり攻撃面に目を向けている。

「(チーム全体で)どこでどう崩していくっていうのがまだはっきりしてない。その辺がさらにパターンを覚えないと、同じ攻め方だと守られやすいので攻撃に幅を考えながらやっていかないといけないのかなと思っていますね」

 ロシアW杯出場権を決めて以降、バヒド・ハリルホジッチ監督はチームが「第3章」に入ると口にした。それは選手選考のサバイバルだけでなく、攻撃面でのレベルアップも示しているはず。それをどう表現していくかは乾の言葉通り、チーム全体で構築していく必要がありそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images