「前回(2015年シーズン)のJ1昇格は若いやつらのノリが大きかったですね。金森(健志)とか、(中村)航輔とか、とにかく勢いがありました」

 アビスパ福岡の前回のJ1昇格を肌で知るベテランFW、坂田大輔は明かす。当時は勢いに乗ったら手がつけられないチームだった。リーグ戦終盤は、プレーオフも含めて15試合負けなし。一気にJ1へ駆け上がった。

 それに比べると今シーズンの福岡は、「堅守からの先行逃げ切り」が勝利パターンと言えるだろう。じっくりとブロックを崩さず、堅い守備に軸が置かれている。そしてFWウェリントンが前線でボールを収め、一発を叩き込む。

「今回は少なからず、ウェリントン次第のところはあるかもしれませんね」

 坂田の分析は、多くの見方と一致するところだろう。

 10月7日、J2リーグ第36節。2位の福岡は6位の横浜FCの本拠地であるニッパツ三ツ沢球技場に乗り込んでいる。勝てば自動昇格にまっしぐらだが、負けた場合、昇格プレーオフ圏内にいる5〜6チームとの団子レースに引きずり込まれる。残り7試合、乾坤一擲(けんこういってき)の一戦だった。


昇格に向けてアビスパ福岡を牽引するウェリントン

「ウェリントンが先発するのでは、と予想していましたが……そこも含め、練っていた対策にいくらかズレが出ました」(横浜FC・中田仁司監督)

 福岡の井原正巳監督はエースのウェリントンをベンチに温存し、前線には機動力のある選手を並べ、変則的な布陣で挑んでいる。4-1-2-3に近いフォーメーションで、まずは横浜FCの持ち味を消しにいった。アンカーのウォン・ドゥジェで横浜FCの攻撃のカギを握るレアンドロ・ドミンゲスを封じ、インサイドハーフ2人が横浜FCのダブルボランチのフタをする。さらにトップの仲川輝人が積極的にプレスバック。横浜FCのビルドアップを分断した。

「横浜は7戦負けていなかったですし。福岡としては、まずイバ、レアンドロの攻撃の爆発力をまず抑えようと。システムを変えて挑みました」(福岡・井原監督)

 福岡はそのプラン通りに実行した。しかし、先制したのは横浜FCだった。前半25分、右サイドからのアーリークロスで左CKを得ると、レアンドロが蹴ったボールをファーポストで待っていたジョン・チュングンがヘディングで押し込んだ。フリーでのスタンディングヘッドだった。

 福岡はこのCKに対し、ゾーンで守っていた。しかしマーキングの意識が希薄で、原則を破っていたと言わざるを得ない。「ペナルティエリア内ではゾーンで守っても、ゾーンに入った人を必ずつかまえる」――欧州の指導者は必ず指摘することだが、スペースへの意識が強すぎ、結果、人が浮いた。また、致命的なことに、福岡のゾーンはペナルティサークル付近に二次攻撃を防ぐための人が配置されておらず、これも原則的ではなかった。

 これで横浜FCがペースを握り返した。福岡は失点でバランスが崩れ、横浜FCは中盤で佐藤謙介が息を吹き返す。追加点の予感が漂った。ところが、36分、37分に、イバ、カルフィン・ヨンアピンが相次いで負傷退場という不測の事態に陥る。前半終了間際には福岡のゴール前の連係ミスからゴールしたかに見えたが、ファウルがあったとして取り消されてしまう。

 後半に入ると福岡が一気にギアを入れる。ベンチはウェリントンを投入。さらに数分後には石津大介を入れ、攻撃の太鼓を打ち鳴らした。

「前半は攻めていても、アタッキングサードに入っていけず、やはりゴール前に入っていける選手が必要で、ウェリントンのパワー、高さを入れました」(福岡・井原監督)

 ウェリントンが入って、横浜FCの守備陣に緊張を生じさせる。さらに交代で入った石津が左サイドからドリブルで仕掛け、攪乱。56分、石津は自分で奪った左FKを左隅に沈めた。

 圧巻は76分だった。自陣からのロングカウンター。前線で起点になったウェリントンは石津にボールを預け、ゴール前に突進する。DFがずるずると下がり、石津に対して3人が集まったところ、止まることでマークを外したウェリントンはフリーでボールを受け、右足のミドルを逆サイドに突き刺した。

 その直後にも、福岡は気落ちした横浜FCのセンターバックのパスをカット。カウンターから石津がドリブルで持ち上がり、右サイドでボールを受けた仲川が後ろから倒される。このPKを、再びウェリントンが沈めた。

 福岡は1-3の逆転勝利で、2位を堅持している。

「ウェリントンは先発の選択肢もありました。ただ、前半からだと相手もフレッシュで抑えられることもあって、勝ってても、負けてても、後半からのほうがオプションになる、と」(福岡・井原監督)

 福岡は開幕以来、ウェリントンの活躍で勝ち点を稼いできた。しかし、28節から33節までの6試合は2分け4敗と勝ち星がなかった。ウェリントン対策が練られたこともあって、急ブレーキを踏んでいた。そこで後半から相手を押し潰す、という新たな選択肢が生まれた。

「とにかくウェリントンを狙うサッカーで、これではJ1で通用しない」という声もある。しかし、現状はウェリントンをどう生かすか、という視点がすべてだろう。傑出した選手が戦術軸になることは、どのカテゴリーのチームでもあることだ。

「自分たちに矢印を向け、戦っている。相手どうこうではない。先にやられてもこれだけやれる力を示した」(福岡・亀川諒史)

 福岡にとって、退場者などがない同人数での逆転勝利は、横浜FC戦が初めてだった。先行逃げ切りパターンを崩しても勝利したことは、J1昇格に向けて大きな自信になるだろう。福岡は2年ぶりの昇格に向け、一歩近づいた。
 
■Jリーグ 記事一覧>>