6日、央視新聞は記事「総工費360億元の中タイ鉄道プロジェクト、環境アセスメントを通過できず=再度の延期へ」を掲載した。写真は中タイ鉄道。

写真拡大

2017年10月6日、央視新聞は記事「総工費360億元の中タイ鉄道プロジェクト、環境アセスメントを通過できず=再度の延期へ」を掲載した。

タイメディアの報道によると、中タイ鉄道の着工再延期が決まった。中タイ鉄道はタイ東部の港湾マープタープットからバンコクを経由し、ラオスとの国境にあるランカイを結ぶ路線長252キロの路線だ。将来的にはラオス国境を通過し、中国雲南省の鉄道網と接続する計画がある。

総工費は1794億バーツ(約360億元、約6050億円)。これまでも認可が下りず、工事が遅れてきたが、このたび環境アセスメントを通過せず、さらなる着工延期が決まった。(翻訳・編集/増田聡太郎)